一戸建て住宅の査定から契約までを解説~売却するまでの流れ

一戸建て売却

「相続で一戸建てを手に入れた」「子供が独り立ちしたので、マンションに引っ越したい」など、一戸建て住宅を売却するタイミングは人それぞれ違います。一戸建てを高値で売却しようと思うと、いくつか知っておいたほうがよいことがあります。

今回はそんな一戸建ての査定前に知っておきたい知識から売却後の契約までの流れをまとめさせていただきました。

これから一戸建ての売却を検討している方はぜひご覧ください。

一戸建ての売却査定を受ける前に、知識をつけよう

一戸建てを売却する際には、まず不動産会社に依頼して査定を受ける必要があります。つまり、自分の手持ちの物件がいくらで売れるかを確かめ、どの会社に仲介を依頼するかを決める作業です。ですがこの際に「その地域の相場」を知っておかないと、不動産会社が出している査定額が適切なのかどうかを判断することが出来ません。

一戸建ての売却査定を受ける前にその地域の相場情報を確認しておくようにしましょう。

相場情報を確認する方法はいくつかありますが、今回は分かりやすい「土地総合情報システム」を使う方法を紹介させていただきます。

土地総合情報システムを使って相場を知る方法

まずは「見たい時期」「不動産の種類」「地域」を選択し、「この条件を選択」を押します。なお、戸建の場合であれば「不動産の種類」は「土地と建物」になります。

すると実際に過去に売買が行われたデータが出てきます。そのデータの中から、自分が持っている不動産の条件に近いものを探してみましょう。

特に下記の部分は注意して見るようにしましょう。

  • 最寄り駅からの距離
  • 土地の形状と面積
  • 建物の建築年

そのデータの平均値が、その地域の相場と言えます。それを覚えた上で、次は不動産業者に査定依頼をしていきましょう。

一戸建ての売却査定は、机上査定の後に訪問査定

自分が売却したい地域の相場情報が分かったあとは、不動産会社に査定をしてもらいましょう。この際に急に訪問してもらって査定をしてもらうと、訪問対応しないといけない企業数が増えてしまいますし、それぞれの会社に不動産の情報を伝える必要があり手間が増えてしまいます。

一戸建ての査定は一括査定で行おう

複数の企業に机上査定を依頼できる当サイトの一括査定サービスを使うのがおすすめです。一括査定サイトであれば、入力した不動産情報はすべての会社に同様に送られますので何度も説明する手間が減ります。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

また、この机上査定の段階で相場よりも「明らかに高い」「明らかに安い」といった査定を出してくる会社を候補から外すようにしましょう。

このような企業は、契約させるために高めの査定を出しているか、その土地の相場に明るくない可能性が高いです。そのような企業に依頼しても売れずに苦労することになってしまいます。

その後「訪問査定」を数社に絞って行うのですが、その際には不動産会社の担当との相性を見るようにしましょう。一戸建ての売却は不動産会社との協力なしには成功が難しいです。よって、コミュニケーションがしっかりとれる担当かどうかを見るために、気になることは全て質問するようにしましょう。

ここで良いなと思う不動産会社があれば、次は契約です。

一戸建て売却の本番「不動産会社との契約」

一戸建て売却の際には、顧客を見つけてきてくれる不動産会社と契約を結びます。この時に不動産会社と結ぶ契約は3種類の中から選ぶ必要があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

それぞれの契約で出来ること・出来ないことは以下のとおりです。

契約形態 他社への依頼 買主と直接契約 業務報告義務 レインズ登録義務
専属専任媒介 不可 不可 1週間に1回以上 5日以内に登録する義務がある
専任媒介 不可 2週間に1回以上 7日以内に登録する義務がある
一般媒介 なし なし

以上のように、一般媒介が最も禁止事項が少なく一見良い契約形態のように見えます。しかし不動産会社皮からすると、他社へも依頼できるということは自社で売れる可能性が下がってしまうということになります。

結果、一般媒介契約では積極的に広報してくれないという対応になってしまうことが多々あります。よってどの契約形態にするかはしっかりと検討してから選ぶようにしましょう。

不動産会社との契約が完了したら、次は一戸建てを見てみたいという内覧希望社の対応になります。

一戸建て売却で大切な「内覧対応」

内覧対応時に重要なことは、なんといっても「いかに素敵な物件に見せるか」ということです。それには不動産会社の担当さんの協力が必要になります。

購入されるかに内覧は大きくかかわってくる

例えば駅から内覧予定の一戸建てまで歩いてくるとして、その道中が便利そうと感じるか治安が悪そうと感じるかは購入するかどうかに大きく影響してきます。また、一戸建ての中やその周りが綺麗になっているか、売主が誠実に対応してくれそうかという点も、購入するかどうかに大きく関わってきます。

このように、内覧が与える影響は大きいので気を抜かずに対応していきましょう。

では最後に、購入する人が決まったら売却契約に進みます。

一戸建ての売却契約

一戸建てを売却する相手が決まったら、最後に売却契約を結びます。この際に注意すべきことは、売却予定の一戸建ての問題点を全部買主に伝えられているかどうかという点です。

瑕疵担保責任とは

一戸建てを売却する際には「瑕疵担保責任」というものが存在します。
つまり、買った物件に契約前に聞いていない問題点があった場合は、契約の解除請求を行えたり、損賠賠償の請求対象になったりします。

このようになってしまってはお互い不幸ですので、抜けもれなく一戸建てに関する情報は買主に伝えるようにしましょう。

後速やかに残債を払い終え、抵当権を外すようにしましょう。

抵当権が残っている状態では、物件を買ってくれる人はいません。もし残債よりも売却益が少ないという場合は、自身の貯蓄などから出すようにしましょう。

以上のような流れで一戸建ての売却が進んでいきます。

一戸建て売却の流れをまとめさせていただきました。

それぞれのフェーズで重要になることは多々あります。もしわからないことがありましたら、相談している不動産会社や経験者に聞いてみて、ひとつひとつ

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定