買取で不動産を売る方法|不動産業者に買取してもらうメリットとデメリットは?

不動産買取

とにかく早く売りたい人に最適!不動産の「買取」

不動産を売却する方法として、不動産業者に物件を買い取ってもらう「買取」と呼ばれる方法があります。買い手は不動産のプロであり、交渉や契約に関して不備やトラブルが起ることが少ない上、売却までの時間は他の方法より早いでしょう。とにかく早く売却してしまいたい人にとって最適な手段だと言えます。

不動産の「買取」とはどんなシステムなのか?

不動産の売却で、業者が関わる方法は

  1. 買取
  2. 仲介

というふたつです。

不動産に限らず、売り出されたモノを最終的に買って使う人を

エンドユーザー

と言います。個人で自分の不動産を売却する場合、その不動産を最終的に使うエンドユーザーは、自分自身で見つけなければなりません。多くの場合、エンドユーザーは不動産業界人ではありませんので、様々な方法で宣伝しなければなりませんし、購入希望者が現れたとしても、契約までの交渉はたっぱり自分自身で行う必要があります。

そうして不動産売買における諸手続きを業者に任せるのが「仲介」です。それに対して不動産業者自身がエンドユーザーとして、不動産の売却希望者から買い上げるのが「買取」になります。不動産業者が買取を行った場合、その業者は一般のエンドユーザーに買い取った不動産を売るのが普通です。つまり仲介とは違いもともと不動産を持っていた売却希望者と、最終的に不動産を手に入れるエンドユーザーと直接関わりを持たないのが買取の特徴だといえるでしょう。

不動産の売却希望者が、不動産を直接エンドユーザーに不動産を売却するのではなく、不動産を扱う業者に買ってもらうシステムがになります。

不動産売却における買取のメリットとは?

売却したい不動産をエンドユーザーではなく、まずは不動産業者に買ってもらうのが、買取というシステムです。買取で不動産を売却するする場合、そのメリットは

  • 短期間で確実に売れ、手元にお金がはいるのが早い
  • 瑕疵問題など、エンドユーザー相手にトラブルになることがない

といった点になります。

一方買取で不動産を売却することにおけるデメリットは相場より売却価格が安くなるという点です。

とにかく早く売れるのが買取のメリット

買取の最大のメリットは、不動産売却が早く済むということでしょう。不動産を売却しようと思った場合、最終的に買い手が見つかり、契約が成立するまでに結構時間が掛かります。まず買い手が見つかるまで、宣伝に費やす時間はバカになりません。近年はインターネットオークションを使えば、効率よく短期間で購入希望者が見つかることもありますが、それでも物件の内覧や条件交渉など、最終的な契約成立まで結構な時間がかかってしまいます。

それに比べて不動産業者に直接買い取ってもらう買取は、ほぼ即決といって良いほど早く売ることが可能です。売却したい不動産の査定は業者自身がプロですので、買取を希望した時点ですぐに行ってくれます。一般のエンドユーザーに不動産を売る場合だと、実際に物件を見ないで契約を決めるエンドユーザーはまずいません。

個人で売却する場合でも、仲介を委託する場合でも、普段は別の仕事している購入希望者の時間に合わせ、物件を内覧してもらったり、様々な条件交渉が必要なるわけです。

それに比べて買取は査定だけでなく、諸手続きもスムーズに進みます。不動産の売却希望者が買取価格に納得すれば、その時点で契約が成立するわけです。インターネットオークションを利用するのも、早く不動産を売却するのに役立ちますが、入札者が無かったりするなど、オークション自体が不調に終わることもあり、確実性があるとはいえません。買取は最も早く確実に不動産を売却する方法だと言えるでしょう。

【重要】不動産買取でより高値で売却するコツ

当たり前の話ですが、複数の業者から査定をしてもらうことです。複数から同時に査定をしてもらうことで買取価格を比較できますし、1社に査定を依頼するよりも互いに競い合って査定額が上がるのは当然と言えるでしょう。

しかも無料で一括査定は可能なので、まずは相場を売却価格の相場を知るためにも利用しない手はありません。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

売ってしまえば、不動産は業者の物件に

後腐れがないのも買取のメリット

買取は不動産を業者に売ってしまうことなので、その後に発生する可能性がある瑕疵担保責任はなくなります。不動産売買で、しばしば問題になるのは、契約成立後にエンドユーザーが物件の瑕疵を訴えることです。たとえば内覧の時には気づかなかった雨漏りがするといった問題が、後になって発覚して、その補償をエンドユーザーがもともとの持ち主に求めてくることは珍しくはありません。

こういう場合、どこまでを瑕疵とするか、あるいは瑕疵をどのように補償するかは契約時の話し合いで決めておくのが普通ですが法律上、不動産の瑕疵担保責任は10年となっています。つまり個人でエンドユーザーに不動産を売却すると、その後10年間は瑕疵の補償をしなければならないという責任がついて回るわけです。

最近は業者に不動産仲介を委託して、エンドユーザーに売れた場合、瑕疵責任担保は仲介した業者が追うという契約も増えてきました。しかし契約書によっては業者の負う瑕疵担保の内容が限定的だったり、瑕疵の内容によっては、やっぱり元々の持ち主が負わなければならない場合もあります。

しかし不動産を買取で業者に売った場合、土地の所有者は業者になるわけです。その業者が買取した不動産をエンドユーザーに売却すれば、当然瑕疵担保責任を負うのは業者であり、後になって瑕疵担保責任を負うハメになるとはありません。そんな売ってしまえば後腐れがないという点も買取のメリットでしょう。

不動産売却における買取のデメリットは大きい!

早く確実に売れる上、売ってしまえば後腐れのない不動産売却の買取ですが、メリットばかりではありません。買取以外の不動産売却方法を選択するする人が少なからずいるのは、買取には大きなデメリットがあるからです。買取のデメリットは手に出来る金額が相場より安いという点になります。

適正価格の7掛けが相場?買取の大きなデメリット!

買取は文字通り、不動産業者が売却希望者から不動産を買い取ることです。不動産業者にとって買取は、商品である不動産を“仕入れる”ことだと考えていいでしょう。不動産に限らず、モノを売る商売は、安く仕入れて高く売るのが基本です。不動産の場合は高く売るといっても、不動産の持つ適正な相場というモノがありますので、よほど特殊な事情がない限り相場を逸脱した高値では売れません。

そうなれば業者は利益を確保するために、当然買取価格を低く抑えるわけです。不動産を売却する場合、その価格は適正相場の70%程度だと言われています。不動産の売買で動く現金は、漫画本やDVDを業者に買い取ってもらうのとは桁が違います。1%であっても数万円レベルの違いになってくるわけで、それが30%OFFといったら、いくら早く確実に売却できるとしても躊躇してしまうでしょう。

不動産売却の方法として、業者による買取がメリットと比べてデメリットの少ない方法なのですが、その唯一のデメリットが大きすぎるとも言えます。

まとめ~買取の選択は最終手段!~

不動産売却の方法として、買取を選択した方が良いのは

  • とにかく早く不動産を売却してしまいたい人
  • 様々な瑕疵があり高値で売却できそうもない物件

といったケースです。

背に腹は変えられない!とにかく早く売れるのは買取

不動産売却で最も早く、確実に現金化できるのは業者に買い取ってもらう買取になります。人それぞれ色んな事情でまとまった資金を作らなければならなくなった時、不動産売却の買取は有用です。不動産を売るのではなく、不動産を担保に入れて銀行から融資を受けるという手もありますが、スピードと確実性を考えれば、やはり思い切って売却した方が話は早いでしょう。

また売却したい不動産が、老朽化した一軒家だったり、重大な瑕疵があるマンションだったりした場合も、そのままってしまった方がいいケース少なくありません。不動産の価値は、やはり新築に近い物件に人気があります。だから少しでも売却金額を高くしようと、リフォームを試みるのもひとつの手です。しかし修繕やリフォームにかける費用はどのくらい掛かるかも考える必要があります。

厳しい不動産査定に耐えるだけの本格的なリフォームをして買取してもらうより、ヘタに手を加えずそのまま何もしないで売った場合の方が、最終的に手元に残る現金は多かったということもあり得るわけです。

不動産買取は最終手段!まずは他の方法でアプローチするのがベスト!

不動産を買取で業者売るのは、最終手段だといえます。ただ逆に言えば買取を選択する前に、他の方法で不動産を売却することを試みてみるという事も可能です。たとえば最初は個人での売却や、業者による不動産仲介を利用し、どうしても売れない場合には買取に切り替えます。

不動産を売却しようと思った時、大体いつまでに売ろうというのは、手持ちの不動産を今すぐにでも売らなければならない状態に追い込まれているようなケースを除けば、半年とか3ヶ月とかある程度の余裕はあるでしょう。そうした売却の目標期限ギリギリまで個人売買や不動産仲介などの手段で買い手を探し、いよいよ売却期限のリミットがきてしまった時、最後の手段として買取で業者に売るわけです。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
最高売却額がわかる!カンタン60秒査定