マンションや一軒家、土地を高く売る裏技!売却のコツ3つ!

マンションや一軒家、土地を高く売却する裏技は3つ!

マンションや一軒家、土地といった不動産を売却する際、ただ漠然と不動産会社にまかせていたのでは高く売ることができません。不動産は大切な資産なので、手放す際は少しでも高く売りたいものです。

不動産の購入に関する情報はインターネット上に比較的多く存在しており、少し勉強熱心な人ならそれらを身に着けて、ある程度上手な取引ができる環境になってきつつあります。しかし、不動産の売却は一生のうち一度も経験しない人も多い取引。購入に比べると、インターネット上ではあまり詳しい情報が得られないかもしれません。

ここではそんな不動産を売却する際の、ちょっとした裏技を3つご紹介します。どれもかんたんなことですが、やるとやらないとでは結果が大違いです。ぜひ実践してみてくださいね。

マンションや一軒家、土地は定価のないものを売るということ

中古のマンションや一軒家、土地などの不動産には国が定める地価などをもとにした大まかな相場があるものの、明確な定価が存在しません。売主と買主の間に合意があれば、相場よりある程度高かったり安かったりしても問題なく取引できるわけです(ただし、相場と極端に違う価格での取引は贈与とみなされ、贈与税が課される可能性があります)。

つまり不動産を高く売るためには、両者の合意が得られる価格のうちで最も高い値段で売ればよいわけです。

複数社から査定額を出してもらうのは重要

不動産業者の査定を目にすると「物件の価値=査定額」と思ってしまうかもしれませんが、決してそうではありません。査定額も業者によって大きく異なるので、複数社に依頼をして査定を比較することが大切です。

まずは複数社に一気に査定依頼を出せる「一括査定」のサービスを活用しましょう。そこで相場に近い査定額を提示し、誠実に相談に乗ってくれる不動産業者を見つけます。業者と協力して売却活動を進めていく中で、次にご紹介する裏技が生きてきます。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

マンションや一軒家、土地を高く売る3つの裏技

売却のコツ①売出価格の付け方

当初の売り出し価格は、不動産の売れ行きを決める最大の要素だといっても過言ではありません。相場より高く出してしまうと売れ残ってしまう可能性が高くなるので、あくまでも適正価格での売り出しを心がけましょう。

ご自分のケースで考えてみればわかると思いますが、購入希望者は物件の紹介サイトなどをこまめにチェックしています。そこで長期間同じ物件が紹介されており、だんだん値段が下がっていたらどう思いますか?そう、売れ残りのレッテルを貼られ、安い値段で買いたたかれてしまうのです。

売出価格は上乗せした価格に

時間をかければかけるほど、不動産の成約価格は下がる傾向にあります。価格交渉を受けることを想定し、実際に売りたい値段に対して少し上乗せした程度の価格で売り出してみましょう。もちろん事前に似た条件の物件を検索し、地域性を加味して相場を把握しておく必要があります。

無理な価格交渉でも無下に断るのではなく、「いくらまでなら妥協できる」という逆オファーを出してみることも大切。価格の付け方に関しては不動産業者のアドバイスも参考にし、決して自分の思い入れだけで値段をつけることのないよう注意してください。

売却のコツ②空き家にしない

売却する物件がマンションや一軒家といった住宅の場合、人が住んでいない状態だとすぐに荒れてしまいます。

空き家と居住中の家では、高値が付きやすいのは居住中の家

空き家にするのではなく、できるだけ住みながら売却先を探しましょう。

もちろん人が住んでいる家には家具や家電があり、何もない状態に比べると狭く見えがちです。ただ、マンションやハウスメーカーのモデルルームに家具や雑貨がディスプレーしてあるように、それらのアイテムには生活をイメージしやすくしてくれる力があるのです。

とはいえ、ものが多すぎてゴチャゴチャと散らかっていてはもちろん逆効果。モデルルームをイメージしながらものを減らし、すっきりと見えるような工夫は大切です。水周りを中心に、清掃もしっかりと行っておきましょう。

買い換えの場合は、売却が決まってから次の物件を探す方法が安全です。売却後はいったん賃貸に入居することになるかもしれませんが、資金計画のブレがなくなるので、その面でもこの方法はおススメです。

売却のコツ③「売ってやる」という態度は禁物

内覧に来てくれた購入希望者は、あなたの資産に対して大きなお金を払ってくれるかもしれない「お客様」です。決して卑屈になる必要がありませんが、人として誠実に対応し、印象をアップするよう心がけてください。

内覧の予定が入ったら、事前準備はしっかりと

内覧の際は事前に不動産業者と打合せをしておき、考え付く質問に対する答えは用意しておきます。また、「パントリーの中は見せられるけど、ウォークインクローゼットの中はちょっと」など、見せられる範囲も決めておきましょう。

もちろん、できるだけすみずみまで見せたほうが内覧者の不安をなくすことにつながり、成約しやすくなります。内覧者自身から見せてほしいといいにくい場合もあるので、「この中もご覧になりますか?」とオープンな態度をとると、印象アップにつながります。不動産業者の担当者を押しのけるほど熱心になる必要はありませんが、まかせっきりにして内覧者とまるでコミュニケーションをとらないのもよくありません。

また、周辺のお買いもの情報や病院、学校などへの距離や移動手段もまとめておくと親切です。売主への印象は、物件に対する印象そのものにつながります。

まとめ|マンションや一軒家、土地には定価がない!少しの工夫で価格が上がる

こちらではマンションや一軒家、土地を高く売却する査定で高値を付けるポイントをご紹介しました。価格設定や入居状況、購入希望者への接し方など、ここでご紹介した裏技はどれもかんたんに実行できるものばかりです。ご自分でもさっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

土地や建物には、明確な定価が存在しません。不動産を高く売るうえで、複数の業者による査定額の比較は基本となります。そのうえでちょっとした工夫をすることで、大切な資産を1円でも高く売却しましょう。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定