リフォームなど「整備後に不動産を売却する」場合の工事費用はいくら?

リフォーム

不動産を、リフォーム後に売却すると印象が良くなりますが、デメリットもあります。売却前にリフォームする場合の費用はどのくらいで、どのようなリフォームを行うと良いのでしょうか。

リフォームしてから不動産売却する

不動産を売却するに当たって、リフォームしてから売却するか、リフォームせずに自分のできる範囲できれいにしておき、売却後リフォームできるようにしておくかは、それぞれにメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

リフォームしてから不動産売却する場合のメリット

リフォームしてから売却する場合のメリットは、リフォーム前に不動産を売却するより、物件見学時の印象を良くすることができるという点が挙げられるでしょう。
築年数が古くとも中が新築のように綺麗であれば購入意欲も増すものです。

また、最近では住宅ローンの中にリフォーム費用を含めて良いものも増えてきましたが、住宅ローンとリフォームローンを別個に利用する場合には、先にリフォームを済ませてしまえば住宅ローンだけで購入することができ、買主にとって便利です。

リフォームしてから不動産売却する場合のデメリット

一方、リフォームしてから売却する場合のデメリットは、売却前にお金をかけてリフォームしたところで、その費用分売却価格に転嫁できるかといえば、そうでないことの方が多いということです。
リフォーム費用は売却経費位に考えておいた方が良いかもしれません。

また、買主の中には自分の好きなようにリフォームしたいという方も多いでしょう。
その場合、折角お金をかけてリフォームしたのに、さらにその上からリフォームをしないといけなくなり先にリフォームした分が無駄となってしまいかねません。

不動産売却前にリフォームするのであれば必要な分だけをするようにしよう

もちろん、リフォームしないよりしたほうが印象が良いことは間違いないでしょう。しかし、どこまでリフォームすれば良いのかは素人には分かりづらいものです。
そのため、不動産の売却前にリフォームをするのであれば経験のある不動産会社の担当者と話し合った上で、必要な分だけをリフォームするようにすると良いでしょう。

例えば、壁紙や畳の張り替えなどは大した費用もかからず見ためを新築に近い状態に戻すことができますが、お風呂やキッチンなど水周りのリフォームには大きなお金がかかってしまいます。
この場合、自分で磨き上げるに留めるか、どうしても汚いのであればハウスクリーニングをいれるだけでも大分印象が変わるはずです。

各リフォーム工事の工事費用はどれくらい?

それでは、リフォーム後に不動産売却する場合のリフォーム費用はどの程度かかるのでしょうか?

壁紙や畳の張り替え費用

壁紙の張り替え費用

壁紙の張り替え費用は、貼る壁紙によっても異なりますが、6畳(壁+天井)で4万円~5万円、10畳(壁+天井)で7万円~8万円、20畳(壁+天井)で11万円~13万円等、広くなればなるほど単価は安くなるのが一般的です。
例えば、4LDK、30坪程度の住宅であればLDKが20畳程度、居室が4つで各5~6畳といったところが一般的でしょう。
全て合わせると40畳程度、また廊下や階段等も考える必要もありますが必要なところだけを張り替えるだけでも印象は大きく変わるはずです。

畳の張り替え費用

畳の張り替えには、畳を裏返してきれいな裏側を表に向ける裏返し、畳の表だけを張り替える表替え、畳そのものを取り換える新規畳といった方法があります。

裏返しでは一般的に1枚3千円~5千円程度、表替えでは1枚1万円~2万円程度、新規畳では2万円~3万円程度となります。
比較的新しい住宅であれば裏返しだけでも見違えるようにきれいになることもあります。

水周りのリフォーム

水周りのリフォームには大きな費用がかかるため、慎重に検討する必要があります。

トイレのリフォーム

トイレのリフォームは、どのような便器を入れるのかによって異なりますが通常のもので30万円~50万円程度かかるようです。
トイレのリフォームにあたり手洗い機を新調したり、収納を追加したりすればさらに費用がかさみますが、便座の交換だけに留めるなどすれば安く抑えることもできるでしょう。

キッチンのリフォーム

キッチンそのものを取り換える場合、100万円単位の費用がかかります。
キッチンのリフォームでも、キッチンそのものは残してコンロを取り換えたり、シンクを取り換えたりと一部だけ変更するのであれば30万円程度で収めることもできるでしょう。

お風呂のリフォーム

お風呂のリフォームで一番大きいのがユニットバスそのものの交換です。通常のものでも100万円程度の費用はかかってしまうでしょう。
一方、シャワーヘッドの取り換えやパネルの素材の変更など細かなリフォームであれば数十万円程度に抑えることもできます。

水周りのリフォームはお金をかけようと思えばいくらでもかけられてしまうところで、また住む人によってどの機器が良いかは大きく異なるところです。
下手に大きなお金をかけてリフォームしてしまうより、価格を上げずに、売却後買主の好きなようにリフォームしてもらうのが良いかもしれません。

水周りのリフォームの検討にあたり、一度ショウルームに行ってどのようなものがあるのか確認しておくと良いでしょう。

ハウスクリーニング

リフォームせずとも、プロの手でハウスクリーニングをかけることで見違えるようにきれいになることがあります。
通常売却前に自分で掃除をしてから売却するかとは思いますが、プロに依頼すれば通常手の届かないところまで専用の道具を使ってぴかぴかにしてくれます。

また、ハウスクリーニング業者によっては壁紙の補修等をお願いすることもできます。

ハウスクリーニングは30坪程度のお家全体を依頼する場合、時間としては半日程度、費用としては10万円~20万円程度と考えておくと良いでしょう。

まとめ|不動産売却する前のリフォームは事前に確認を

リフォーム後に不動産を売却する場合、その費用の分だけ売却価格に転嫁できることは稀です。
不動産会社の担当者と良く話し合い、どの部分をリフォームすれば良く、またいくらくらいかかるのかしっかり確認してから実行に移すようにしましょう。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
最高売却額がわかる!カンタン60秒査定