近所に不動産の売却を知られたくない場合、どのように販売活動できる?

噂話

不動産の売却を決断するのはさまざまな理由がありますが、中にはあまり人に知られたくない事情もありますね。そうでなくとも、プライベートを近所の親しくない人物に探られるのは抵抗があるのが普通です。

離婚をきっかけした売却や債務整理のための不動産売却で、近所に知られずに話を進めたいという相談は頻繁にあります。中にはストーカーの嫌がらせや追跡を逃れるため、悟られることなく極秘で引っ越したいというお客様もいらっしゃいます。

近所に知られることなく不動産売却するにはどのような方法があるのか、ご説明したいと思います。

近所に知られないように不動産の売却活動できるの?

通常の不動産売却活動は近隣に向けて広告する

不動産を広告するときに一番のターゲットとするのは、近隣に住んでいる人々です。

子どもが結婚して独立し新しい家庭を持つ場合、わざわざ親元から遠く離れようとする人はあまりいません。高齢のため一軒家を手放しマンションに移り住もうと考えるときも、できるだけ住み慣れた街での引っ越しを考えるでしょう。

不動産売却の広告は折込広告・ポスティングが中心

そのため不動産の広告手法は、チラシのポスティングや新聞への折込広告が中心に行われます。

インターネット広告で地縁のない購入検討者を呼び込むこともありますが、効果が高いのは近隣に向けての広告です。この方法では当然のように、近所に住んでいる知り合いに売却が知られてしまいます。

近所で売り出しているなら一目見てやろうかと思うのも人間の心理で、散歩ついでに現地の確認に訪れる人もいるでしょう。売却しながら生活を続けていると、常に人の目を意識してしまいストレスになってしまう人もいます。

まずは売却を不動産業者に相談を

近所に知られないように売却活動をしたいときは、まず仲介を依頼する不動産業者に相談しましょう。

こっそりと家を売却したいという人は意外と多く、ほとんどの業者がその要望に対応できると答えています。

不動産業者はそれぞれ継続的に家を探している顧客を抱えているので、その中から条件のあうお客様を探してもらえます。不動産業者同士のネットワークで、物件情報を信頼のおける業者にこっそりと紹介することもあります。

もう一つ気を付けたいのは媒介契約(仲介を依頼する契約)の内容

「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」という形をとると、物件の情報を「REINS(レインズ)」に登録する義務が生じてしまいます。

レインズとは不動産業者が物件の情報をやりとりするための専門的なネットワークシステムで、ここに登録すると情報が全国に向けて公開されてしまいます。よその不動産業者を通じて売却の情報が近所に漏れてしまう可能性が高くなります。

秘密で売却を進めたいなら、レインズへの登録が強制されない「一般媒介契約」を結びたいところです。仮にレインズに登録したとしても、「広告不可」とすることで情報の拡散を最小限にする方法もあります。不動産業者と良く相談し、落としどころを探っていきましょう。

不動産売り出し広告の範囲を限定する

売却活動を知られたくない近隣のエリアのみを広告NGとする方法もあります。

]新聞の折込広告もエリアを指定することができるので、売却を知られたくないエリアを避けることが可能です。

インターネット広告はどのような人でも閲覧できるので、物件情報を多少あいまいにして問い合わせがあった場合のみ詳細を伝える形にしても良いでしょう。不動産会社の中には登録会員のみが情報を閲覧できるシステムを持っている会社もあります。無制限に閲覧できるインターネット広告に比べると、近所に知られてしまう可能性は低くなります。

このように広告の範囲や内容を限定すると、広告効果が落ちてなかなか検討者が見つからないというデメリットがあります。

完全に秘密にしたいなら「不動産買取」を検討

完全に秘密で不動産を売却するのは難しい

近所に知られないように物件の広告を控えても、完全に秘密にはできません。

不動産の査定や内覧のために不動産業者や購入検討者が家を出入りするため、その様子が人目に付いてしまう可能性があります。不動産業者の名前を隠した車で移動するなどの対策は取れますが、100%大丈夫とは言えないのが実情です。

「不動産買取」なら素早くこっそり売却できる

不動産買取とは、不動産業者が広告を出して購入希望者を探すのではなく、業者が直接物件を買い取る取引形態です。

広告はもちろん内覧のお客様が訪れることもないので、近所に知られることなく売却することが可能です。さらに仲介ではありませんから、仲介手数料がかかりません。

不動産の売却価格に納得できればすぐに契約・引渡しを行われ、素早く売却が完了するのも大きなメリットです。

買主が不動産業者であるメリットは他にもある

通常の売却であれば、売却後もしばらくの間、物件の不具合について修理や補償を行う責任がついてきます。買取の場合はこのような責任が免除され、物件を引き渡してしまえばすっきりと新生活に集中することができます。

売却物件近隣の人間関係を断ち切りたい場合に都合の良い仕組みです。

不動産買取を依頼する際の注意点

不動産買取のデメリットは通常の売却より価格が割安になってしまうことです。

一般的な不動産買取の相場は通常の売却価格の70~80%程度と言われています。不動産業者は買い取った物件を再販して利益を出さなければならないので、不動産の買取価格は抑えられてしまいます。

悪質な業者の場合、売主の「近所に知られたくない」という弱味を利用して買い叩きを行うことがあります。信頼できる業者を探すために複数の業者に不動産査定を依頼したいところですが、何件もの業者が不動産査定のために出入りすることで人目に付きやすくなり心配です。そこでインターネットの問い合わせによる査定を利用してみましょう。

当サイトなら、複数の業者に一括で不動産査定を依頼できるので、査定価格を比較検討することも簡単にできます。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

まとめ|近所に内緒で不動産を売却するなら不動産買取という選択肢も

近所に知られずに売却を進めるには、広告を制限する方法と不動産業者に不動産買取を依頼する方法があります。広告を制限すると買い手が見つかりにくく、売却活動が長引いてしまいます。業者に買取を依頼すると売却価格が割安になってしまいますが、短期間で売却することが可能です。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定