内緒で家を売る方法とは?身内や周囲に内緒で売りたいなら必見

自宅を売却する理由は人それぞれ様々な理由がありますが、出来れば売却をする事を周囲に知られたくないと考える方は少なくありません。特にご近所付き合いが深いような団地などでは噂が早まるのも早く、自宅を売却しようとしているのがバレてしまうのは避けたいというのが本音でしょう。本当の理由はどうであれ、自宅を売却するとなると「ローンの返済が苦しい」や「離婚」のような心ない噂を立てる人もいるかもしれません。

また周囲だけでなく、売却の理由によっては売却が決まるまでは家族にも内緒で進めたい場合もあるでしょう。しかし自宅を売却するとなると不動産会社が頻繁に出入りしたり、ご近所にチラシが出回ったりと周りからも分かってしまう場合が多いです。

では、どのようにすれば家族や周囲に内緒で売却することが出来るでしょうか。今回の記事では周囲に内緒で自宅を売却する方法について、バレてしまうケースなども含めて解説して行きます。内緒で自宅を売却したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

身内や周囲に内緒で家を売る方法とは?

>内緒

そもそも身内や周囲に内緒で売却する場合と、通常通り売る場合では何が違うでしょうか。不動産の売却は、買主を見つけることが重要ですからそのためにチラシを配布したりインターネットに掲載したりと売却活動を行います。周囲に内緒で売却する際には、この売却活動が大きく違うことになります。

一般的な売却活動のように情報をオープンにして活動することが出来ないため、内々で買主を探すことになります。そのため基本的には不動産会社が抱えている自社の顧客や、自社の独自ルートを使って売却活動を行うことになります。こうすることで売却情報をオープンにすることなく買主を見つけることが出来るため、周囲にバレないで売却をする事が可能になります。

このように、周囲に内緒で売却を進めるためには独自の販売ルートを持っているような不動産会社を探すことがポイントです。独自ルートを持っていそうな不動産会社を探すのは大変ですが、不動産の一括査定を使えば効率良く不動産会社探しが行えます。

一括査定を使えばネット経由で依頼が出来るので、不動産会社へとコンタクトを取っていることも周囲からは分かりません。周囲に内緒で売却をする際には、一括査定の利用がおすすめです。

一括査定の不動産会社は家族や周囲に知られたくない要望に対応している

家族や周囲に内緒で売却する際には一括査定がおすすめですが、それでも「ばれてしまうのではないか」という不安は残るでしょう。しかし一括査定にはオプションの項目で「家族に知られたくない」を選ぶことも出来ますし、不動産会社へメールなどで要望を伝えることが出来ます。

あらかじめ周囲へは内緒で売却したい旨を伝えておくことで、不動産会社とのやり取りもメールで行うことが出来ますし、不動産会社からの突然の訪問や電話連絡などによってバレてしまうことも防げるでしょう。一括査定サイトを使って複数の不動産会社の中から、しっかりと秘密を守ってくれる不動産会社を見つけると良いでしょう。

机上査定を上手に活用する

周囲や家族に内緒で売却する際に気をつけたいのが、査定です。査定は物件の相場を調べたり信頼出来る不動産会社を探すのにも役立つので、不動産売却の際には行っておいた方が良いサービスですが、正確な査定を出すためには不動産会社の訪問が必要になってしまいます。不動産会社によっては社名入りの営業車では来ないなどの気を使ってくれますが、それでもいつどこで見られているかは分からないです。

そこでおすすめなのが、机上査定です。机上査定は訪問査定と違って、現地訪問を行わないため周囲にバレてしまう心配もありません。事前に伝えておけば結果もメールで受け取ることも可能です。デメリットとしては、机上査定は訪問査定に比べると、査定の金額が正確ではありません。近隣の事例や相場からの簡易的な査定額になることは理解しておきましょう。

買取も視野に入れる

周囲に内緒で売却したい場合にぜひ検討したいのが、買取による売却です。買取とは名前の通り不動産会社が物件を買い取ってくれるサービスです。そのため一般的な売却のように売却活動をいっさい行わないため、周囲にバレてしまうリスクを大きく減らす事が出来ます。また売却までの期間も短いため、売却資金が手元に入るのが早いのもメリットです。

しかし買取にはデメリットがあることも認識しておきましょう。買取で売却する一番のデメリットは、どうしても売却と比べると価格が安くなってしまう点です。買取を行う不動産会社は物件を買い取った後、自社の利益を乗せて転売をするために買取をします。そのためどうしても買取の場合は価格が安くなります。

また物件によっては買取が使えない場合があります。買取をしても転売が見込めないような物件は、不動産会社も買取ません。そのためあまり需要のないような物件の場合は買取が使えないこともデメリットの一つです。

一括査定なら内緒の売却でも高くなりやすい

これまで説明をしてきたように、周囲や家族に内緒で売却することは可能です。しかし、通常の売却と大きく違う点は自由に売却活動が出来ない点であることは先ほども説明しました。自由な売却が出来ないということは、自然と買主候補が少なくなってしまうので、どうしても納得出来る価格で売却出来る可能性は低くなります。つまり内緒で売却をするということは、売却が低くなってしまうケースが多いです。

しかし一括査定を使って売却をすることで、周囲に内緒で売却をする場合でも高く売ることが出来ます。何故なら一括査定を使うことで、自然と不動産会社に対して競争の原理が働くからです。一括査定サイト経由で査定や買取を申し込みをした場合、不動産会社側にも当然一括査定を利用していることが分かります。

そうすると不動産会社からすると、「他の不動産会社と比較をしている見込み客」ということになります。そのため売却依頼や買取をするためには、出来るだけ高い価格を出そうという心理が働きやすいです。このように一括査定を利用することで、周囲に内緒で売却する際のデメリットである価格が安くなるという点を少しでもカバーすることが出来ます。

売却がご近所にばれてしまうケースもある

ばれる

周囲や家族に内緒での売却は可能ということを今回の記事では説明をしてきました。しかし、内緒での売却は可能ではありますが100%ではありません。細心の注意を払いながら売却活動を行っていても、やはりばれてしまうケースもあります。周囲に内緒で売却活動をしているにもかかわらず、ばれてしますケースとしては、下記のようなケースがあります。

  • 身近な買主にばれてしまう
  • 売却が長期化する
  • 媒介契約でばれてしまう

一つずつ見ていきましょう。

身近な買主にばれてしまう

いくら家族や周囲に内緒に売却活動を完璧に進めたとしても、必ず売却がばれてしまうのが買主、もしくは買主候補です。自宅を売るためには、買主候補に売却情報を伝えて検討をしてもらう必要があります。そして物件を探している買主には、今住んでいる近くで探しているケースが意外と多いです。自宅の隣地を買って広くしたり、子供夫婦が暮らせる物件を探しているなど、近くの物件を探している方は少なくありません。

つまり売却を知られたくないご近所の方ほど、近くの売り物件を探している可能性があるという事です。そうするとどうしても売却活動を行っている不動産会社経由で、買主候補へと情報が伝わってしまう可能性があります。ご近所の方ほど、買主候補の可能性であることは頭に入れておきましょう。

このような事態を防ぐためには、近所の方には売却活動を行わないように不動産会社に伝えておくことです。そうすることで、少しでも周囲にばれてしまう可能性を低くすることが出来ます。しかし、高く買ってくれる可能性があるのは近くの買主であることも事実です。

「隣地は借金してでも買え」という格言が表す通り、近くの不動産は多少高くても購入を検討する方は多いです。自宅の売却が周囲にばれるのを防ぐという事は、このように有力な買主を候補から外してしまうことになる事は認識しておきましょう。

売却が長期化する

周囲や身内に内緒で売却をするには、早期売却が原則です。内々にとは言え売却活動を行う訳ですから、売却期間が長くなればなるほど情報が拡散することになります。周囲へは内緒にしていも、やはり何処からか売却情報がバレてしまう可能性が出て来てしまいます。

そのため周囲にバレずに売却する際には、ある程度価格などの条件を譲らなければならない場合もあります。価格を下げてでも周囲にバレないことを優先するか、多少はバレるリスクを冒しても納得の行く価格で売却することを優先するか、あらかじめどちらを優先するのか決めておくと良いでしょう。

媒介契約でバレてしまう

内緒で家を売る場合には、不動産会社との媒介契約にも注意が必要です。媒介契約とは不動産の売却を不動産会社に依頼する際に結ぶ契約ですが、媒介契約には3種類あります。それぞれの契約の種類によって、不動産会社の売却活動の内容が下記のように違ってきます。

他社との契約 自分で見つけた相手への売却 レインズへの登録義務 売主への報告
一般媒介 任意 任意
専任媒介 × 有(7営業日以内) 有(2週間に1回)
専属専任媒介 × × 有(5営業日以内) 有(1週間に1回)

この中で特に重要なのが、レインズへの登録義務です。レインズとは指定流通機構という機関が運営をしている不動産会社専用のシステムで、不動産の売り情報や買い情報を入力することが出来ます。不動産会社は自社の顧客の売り情報や買い情報をマッチングさせるために、売却活動の際にはレインズで情報を検索します。

上記の表の通りこのレインズへの登録義務の有る媒介契約と、無い媒介契約が有ります。レインズは不動産会社専用のシステムなので誰でも見れるる訳ではないですが、やはりそこからばれてしまう可能性はあります。近所の方が家の近くの物件を探し他の不動産会社へと相談に行けば、レインズの検索からばれてしまう可能性は十分にあります。

このようなケースを避けるためには、レインズへの登録義務の無い一般媒介で契約をした方が無難です。一般的には他の不動産会社とは契約が出来ない専任媒介や専属専任媒介の方が、高く早く売れるケースが多いですが内緒で売却する際には一般媒介も検討しましょう。

内緒で売却するには不動産会社選びが重要

これまで説明してきたことをまとめると、周囲や家族に内緒で不動産を売却することは可能ですが、ばれる可能性を完全に0には出来ません。しかし限られた売却活動の中で、出来るだけ素早く買主を見つけられかがポイントになります。つまり、いかに秘密を守って素早く売却活動をしてくれる信頼の出来る不動産会社を見つけられるかが重要になります。

周囲に内緒での売却と、通常の売却の一番の違いは売却活動です。内緒で売却を成功させるためには、売却情報を出来るだけコントロールしつつ、かつ素早く買主を見つけることが重要です。一番良いのは不動産会社が抱えている自社の顧客で成約をさせることです。

そのため売りたい物件のエリアに強く、自社の顧客やネットワークでたくさんの顧客や買い情報を持っている不動産会社を見つけることが売却成功のポイントです。内緒で売却をする場合は、いつも以上に慎重に不動産会社を選ぶようにしましょう。

まとめ|内緒で家を売るには一括査定が最適!

家を売る 内緒 まとめ
様々な事情で周囲や家族に内緒で家を売りたい方も多いでしょう。周囲に内緒で売却なんて出来ないと思う方もいるでしょうが、内緒での売却は可能です。一括査定を活用するで不動産売却には不可欠な査定をばれることなく行うことが出来ます。オプションで「内緒で売却」などを選ぶことが出来るので、周囲や家族にばれずに売却する際には一括査定は最適です。

また周囲に内緒で売却をする際には、売却活動が制限されてしまうのでどうしても価格が低くなってしまう可能性があります。しかし、自社での顧客ネットワークが豊富な不動産会社に売却を依頼することで、通常の売却と変わらない価格で売却出来る可能性はあります。そのため、信頼出来る不動産会社を見つけることが重要です。

不動産会社を選ぶ際には、先ほども説明をした一括査定の活用がおすすめです。一括査定を利用することで、複数の不動産会社の査定を効率良く比較出来るので、不動産会社選びには最適です。こちらのサイトは提携している不動産会社が多いのも特徴で、大手から地域密着の不動産会社まで選ぶことが出来ます。周囲に内緒で不動産を売却する際には、ぜひ一括査定を活用して下さい。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

はてなブックマーク

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事