マンションを市場価格より「高値で売却」するコツは3つ!

マンション

中古マンションには市場価格やある程度の相場はあります。しかし同じマンションでも、物件のコンディションは1つひとつ異なります。そして結局のところは売り主と買い主が合意した価格が、そのマンションの売却価格となります。そのため、ちょっとした努力と工夫をすることでマンションが市場価格より高く売れる可能性は十分あります。ここではそのための3つのコツを紹介します。

マンションを高値で売却するコツ①販売力のある不動産業者を選ぶ

マンション一括査定で最高売却価格をチェックする

まず売却に向けて具体的に進む前に、実際の売却価格(相場)を知ることが何より大切です。やみ雲に不動産業者を探すよりも、査定価格が高い業者に絞って交渉を進める方がスムーズに進むでしょう、

マンション査定額の根拠をしっかり聞くこと

中古マンションは自分で売ることはできません。たいていの場合、不動産会社に仲介を頼み、買い手を見つけてもらうことになります。そして不動産業者によって、マンションを売る力量はかなり違います。自分のマンションのエリアに強かったり、独自の販売戦略やネットワークをもつ会社に仲介を頼めば、そうでない場合より高く売れる可能性があります。

マンションを高く売るには、何よりも不動産業者を慎重に選ぶ必要がある

業者を選ぶうえでは、知人からの口コミや地元での評判が参考になります。また実際に「マンションを売りたいのだが」と相談したり、査定時に質問をしたりして、その業者が自分のマンションを高く売ってくれそうかどうかを見極めましょう。

1つ気をつけなくてはならないのが、査定金額が高いからといって、その業者がマンションを高く売ってくれるとは限らないことです。査定金額と実際に売れる金額は別物です。不動産業者のなかには媒介契約を結びたいがゆえに、相場より高めの査定額を出す会社もあります。でもどんなに査定額が高くても、実際にその価格では売れず、結局、値下げをしなくてはならなくなるのでは何の意味もありません。

不動産会社を選ぶうえでは、訪問査定をしてもらった際に査定額の根拠をしっかり聞き、その会社ならではの販売戦略や強みをしっかり確認することが重要です。担当者の熱意や誠実さも大事なポイントとなります。

大手企業と中小企業のどちらかがいいかは一概には言えない

大手不動産会社の場合、独自のネットワークをもっていて買い手が早く見つかることがあります。ただし中小企業でも地元の状況に詳しく、地元の顧客を抱えている場合、早く、高値で売ってくれるケースもあります。

専属専任媒介契約や専任媒介契約を結ぶ

また不動産会社と結ぶ媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つがあります。

そのうち、なるべく高くマンションを売りたいなら、専属専任媒介契約や専任媒介契約を結ぶことをおすすめします。この2つは一社としか契約できませんが、一般媒介契約は複数の会社と結ぶことができます。

一般媒介契約の場合、他の会社が売買を成約させる可能があるため、業者があまり熱心に販売活動を行わない傾向があります。そのため売却までに時間がかかり、結果的に売却価格も低くなる可能性があるのです。

専任媒介契約の場合、マンションを売ることができるのは自分たちだけであり、売り主に販売活動の状況を報告する義務もあります。そのため熱心に販売活動をする傾向があり、結果的にマンションが高く売れる可能性も高いのです。

マンションを高値で売却するコツ②入居したまま販売する

マンションを売る場合、物件から退去し、空き家にしたほうが高く売れるのではないかと思っている人もいるようです。しかしそれは誤解です。実際は逆で、入居したまま売ったほうが高く売れる傾向があります。実は空き家のほうがマンションは売りづらく、その結果、売却価格も安くなりがちなのです。

その理由は誰も住んでいない空き家は、自分がそこで暮らすイメージがしづらく、あまり魅力的に思えないからです。また壁や床、家具などで隠れていた部分の経年劣化や汚れは空き家のほうが目立ちます。売り主がすでに引っ越しているということは、その物件を必ず売らなくてはならないということです。そのため買い手が値引き交渉もしやすくなり、売却価格も低くなりがちなのです。

マンションは売り出しから時間がかかるほど、売却価格が安くなる傾向がある

高く売るには、なるべく早く売ったほうが良いのです。そのためにも販売力のある業者を選び、適切な価格で売りに出しましょう。

また「いつまでに売らなくてはならない」といった期限があると、それまでに売れないと値下げせざるを得なくなります。よってマンションを高く売るには、売る側に時間的な余裕があることも大事です。そのためにもマンションの売却を考えた時点で、段取りや手続きを早めに進めていく必要があります。

マンションを高値で売却するコツ③内覧会の印象を良くする

買い手の立場に立って考える

マンションを高く売るうえで大事なことは、まず自分のマンションが商品であることをきちんと認識することです。そして自分の商品が買う人にとって魅力があるかどうか、買い手の立場に立って考える必要があります。そのうえで商品の魅力を、買い手にしっかりと伝えるのです。

そのうえで重要なのが内覧会での印象です。買い手が内覧会に来た時点で、物件の価格や間取りは希望条件を満たしているといえます。そのうえで最終的に、その物件を買うかどうかは、内覧会での印象が決め手となることも少なくないのです。内覧会では、購入希望者がこのマンションに住んでみたいと思ってもらえるようできる限りの努力をしましょう。

住人の印象の良し悪しが最後の決め手

まず何より、汚い家は誰も買いたがりません。部屋は徹底的にきれいに掃除をし、場合によってはプロにハウスクリーニングを頼みましょう。キッチン、洗面台、バスルーム、トイレなどの水回りが汚いと、物件の印象も一気に悪くなります。水回りはとくに念入りに掃除をする必要があります。

部屋がちらかっていると印象が悪いうえ、収納が少ないのではないかと思われてしまいます。不要なものは処分し、しっかり整理整頓をします。クローゼットや収納のなかも必ずチェックされるので、見られてもいいようにしておきましょう。

内覧会当日は、部屋の空気をいれかえ、生活臭を消し、室内のすべての照明をつけて明るい印象を演出します。そのうえで購入希望者に対しては感じよく、誠実に対応しましょう。売り主の印象が良いと、物件の印象まで良く感じられるのが人間というもの。住人の印象の良し悪しが、物件を買うかどうかの最後の決め手となることもあるのです。

まとめ【マンションを「高値で売却」するコツ】

マンションを高く売るうえでのポイントは、①販売力のある業者を選ぶ②入居したまま売る③内覧会の印象を良くするの3つとなります。ちょっとしたことで売却価格に差がでることもあるので、努力や工夫を怠らないようにしましょう。

はてなブックマーク

この記事に関連する記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
マンション売却額がわかる!カンタン60秒査定