マンション売却の準備をしよう!不動産業者選びから書類・家の掃除についてを解説

マンション掃除

マンションを高く売却するうえで大事なことは様々ありますが、まず最初のポイントとなるのが業者選びです。ここでつまずくと、思った以上に売却に時間がかかったり、希望していた価格より安値で売らざるをえなくなってしまうことがあります。そこでここでは業者選びのポイント、また査定時に必要となる書類や掃除について解説します。

マンション売却のための不動産業者選び

まずは情報収集から

マンションをなるべく高額で売却するには、どの不動産会社に依頼するかが重要です。今はよほど条件のいい物件でもない限り、そう簡単に希望価格では売れません。なかなか物件が売れないと、価格を下げざるを得ません。マンションを高額で売却するには、独自の販売戦略やノウハウ、買い手の情報をもっていて、値下げをしなくても買い手を見つけてくれる業者を探す必要があります。

業者を決めるうえでは実際にマンションを見てもらう訪問査定は欠かせません。ただやたらめったら訪問査定をお願いするのも時間の無駄です。あらかじめお願いしたい業者を3社程度に絞ってから、訪問査定をお願いするのがいいでしょう。

そのためにまずやるべきことは、情報収集です。自分のマンションと同程度の物件がどれくらいの価格で売れているのか、不動産ポータルサイトや新聞チラシなどで把握しておきます。当サイトの一括査定サービスを活用するのもいいでしょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

訪問査定で不動産業者を見極める

ある程度の相場を把握したら、3社程度の業者に訪問査定をお願いします。業者は、知人等からの評判、一括査定サービスの結果、電話での対応などから決めましょう。

信頼できる業者を見分ける基本は、国土交通省や都道府県庁から交付されている宅地建物取引業の免許番号を確認すること。さらに免許を交付した行政庁で業者名簿を閲覧すれば、過去の実績や行政処分歴なども分かります。国土交通省と一部の都道府県庁では、ネットで行政処分に関する情報を見ることもできます。

訪問査定の際に聞いておくべきこと

また訪問査定の際には、その会社の契約実績、得意エリアや営業手法などをしっかり聞いておきます。近隣のマンションの売買の状況を聞き、自分の希望もしっかり伝えます。売却にかんするアドバイスをもらったり、税金や法律のことを聞いて営業マンの知識を確かめておくのもいいでしょう。

このように担当者とコミュニケーションを密にとったうえで、この人なら信頼できる、熱心に自分のマンションを売ってくれそうだと思った業者と媒介契約を結びましょう。

マンション査定の売却価格は気にしすぎない

査定が出たときに気をつけなくてはならないのが、単に査定額が高いからという理由でその不動産業者と契約しないことです。少しでも高い値段で売りたいのはわかりますが、査定額=実際の売却額ではありません。

不動産業者は高めに査定価格を言う?

とりあえず契約を取りたいという業者は査定価格を高めに出す傾向があります。ただどんなに最初の査定額が高くても、その額では売れず、結局は値下げを続け、最終的な売却額は査定額よりうんと低い値段だった、ということになりかねないので注意が必要です。

業者が相場以上に高額な査定額を出してきたときは、その根拠をしっかり聞くようにしましょう。

大手と中小どちらの不動産業者がいい?

契約を結ぶのは、全国的な大手不動産会社か、地元密着型の中小不動産会社か、どちらがいいかで迷う人もいるかもしれません。一般的には大手不動産会社は独自のネットワークをもっているので、買いたい人の情報が集まりやすい傾向があります。ただし地域や物件によっては、地元の不動産会社のほうが顧客情報をもっていたり、親身に相談にのってくれることもあります。

マンションの情報は「レインズ」に登録

また大手、中小に限らず、不動産会社と媒介契約を結ぶと、マンションの情報は業界共通のデータベース「レインズ」に登録されます。それによって全国の不動産会社が物件情報を共有できるので、中小だからなかなか売れないということもありません。

ただレインズに登録したからといって、今はよほど条件のいい物件でもない限り簡単には売れません。そこでその不動産会社ならではの経験やノウハウに基づく販売戦略や販売活動が重要になってきます。また担当営業マンが、誠実に熱心に販売活動を行ってくれそうかどうかを見極める必要があります。

マンションの訪問査定後でも気軽に別の不動産業者に相談を

訪問査定をしたからといって、必ずその会社に仲介を依頼しなくてはならないわけではありません。また一度仲介の契約を結んでも、なかなかマンションが売れなかったり、担当者に不満がある場合は、不動産会社を途中で変えることもできます。

時間的な余裕があるなら遠慮せず、気軽に色々な不動産会社に相談してみるといいでしょう。

新しく購入するマンションが決まっているなら、そこに売却を依頼するのもあり

もし、マンション売却の理由が買い換えで、すでに購入する家が決まっている場合は、購入先の不動産業者を選ぶのも手です。マンションが売れなければ自分たちの物件を買ってもらえないため、業者も売却のための活動に力を入れます。購入代金の支払いを売却代金の受け取りの後にするなどの調整もしてもらえます。

マンションの売却査定の準備

マンション査定時に必要な書類

マンション売却時に必要な書類は、不動産会社に指示されてから揃えても十分間に合います。自分で用意しなくても、不動産会社が揃えてくれるものもあります。また訪問査定のさいには以下の書類があるとスムーズなので、できれば売却を思い立った時点で確認し、用意しておきましょう。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 図面や設備の仕様書
  • 固定資産税納税通知書
  • 管理費、修繕積立金、駐車場代など維持費に関する書類
  • マンションの管理規約
  • 住宅ローンの毎月の返済額、現在のローン残高がわかるもの

その他にマンションを購入したときのパンフレットや間取り図、リフォームをした場合はその関連書類などもあるとベストです。

マンション査定時の掃除は必要?

マンションの購入希望者のための内覧会のときは、不要な荷物はなるべく処分し、部屋は徹底的に掃除してきれいにしておく必要があります。ただし不動産業者による査定のさいは、部屋が散らかっているからといって、それが原因で査定価格が下がることはありません。ただ査定をスムーズに終わらすためにも、いつもやっている程度の掃除や片付けはしておいたほうが無難です。

古い物件の場合は、訪問査定のさいにリフォームが必要だと告げられることもあります。また物件や設備の破損やひどい汚れなど、売却価格に響きそうだと感じるものは、どのように対処すればよいか業者に聞きましょう。

まとめ|マンションを高額で売却するには不動産業者選びが大切

マンションを高額で売却するには、そのエリアに強く、独自の販売戦略や顧客情報をもち、誠実に熱心に物件を販売してくれる業者選びが不可欠です。そのためには訪問査定を業者選びの機会ととらえ、気になることはどんどん質問し、その業者が信頼できるかどうかを見極めましょう。

はてなブックマーク

マンション売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
マンション売却額がわかる!カンタン60秒査定