マンションのリフォームとハウスクリーニングは売却前にするべき?

リフォーム

マンションを少しでも高く売るために、リフォームやハウスクリーニングが重要だと考えている人は少なくないようです。古い物件などの場合、仲介をする不動産会社からすすめられることもよくあります。確かにリフォームやハウスクリーニングによって物件がきれいになれば、それだけ高く売れそうな気がします。果たして実際はどうなのでしょう。 

リフォームをすればマンションは高値だ売却?

まずマンションを高く売るうえで、リフォームはしたほうが良いのでしょうか?

結論からいえば、必ずしもリフォームをする必要はありません

もちろんリフォームしたほうが高く売れる可能性は高いのですが、結果的に損をすることもあるからです。

自分たちがこれから暮らすマンションを買うとき、汚い部屋よりきれいな部屋のほうを選びたくなるのは当然です。築年数がたって古びた印象を与える物件より、リフォームをして室内がきれいな物件のほうが成約はしやすく、高い値段で売れる可能性があるもの確かです。築年数の古いマンションは、リフォームしたほうが、販売期間が短くなる傾向もあるようです。

マンションのリフォーム費用相場は?

ただ気をつけなくてはならないのは、リフォームにはそれなりの費用がかかるということです。トイレリフォームだけでも40〜50万円程度、キッチンまわりだと80〜100万円程度はかかります。大規模なリフォームをするとなれば500万円以上かかることもあります。

マンションをリフォームして売る場合、それだけかかった費用をきちんと回収できるかどうかを見極める必要があります。

たしかに、300万円かけてリフォームした物件が500万円高く売れたとなれば、そのリフォームは成功だったといえるでしょう。しかしそのようにリフォームした分だけ高く売れるという保証はどこにもありません。むしろ高額になった分だけ、逆にマンションがなかなか売れにくくなるということもありえます。

中古マンションを買う理由

最近は、中古マンションを買う人のほとんどが、入居前に自分でリフォームをするのが一般的になってきました。なかには買った物件をスケルトンの状態にしてゼロから全面改装し、自分好みの間取りや内装にしたいから、新築ではなくあえて中古マンションを買うという人もいます。

例えば、リフォームで壁紙やキッチンを新しいものに変えたとしても、それを買い手が気にいってくれるとは限りません。あまり凝った特殊なリフォームをしてしまうと、かえって売れなくなってしまうこともあります。このようなことを考えると、マンションを売る際は、リフォームに費用をかけるより、その分安く売り出したり、価格交渉に応じるようにしたほうが有効なことが多いのです。

マンションのリフォームが売却に有効なケース

ただし、リフォームがまったく意味がないわけではありません。築年数がたって古くなったままの物件より、リフォームしてきれいな物件のほうが売れやすのも確かです。築年数の古いマンションを売りに出し、なかなか売れないときなどは、リフォームを検討するのもよいでしょう。

そのような場合も、必ずしも全面的にリフォームをする必要はありません。玄関や水回り、とくに汚れや傷などの多い箇所を中心にリフォームするだけでも十分です。

壁のクロスを張り替えるだけでも、部屋はぐっと明るく清潔な感じになります。さらにフローリングの張り替えを行えば、印象は大きく変わります。水回りが極端に汚い場合などは、それによって物件の印象が大きく下がってしまうこともあるので、予算に余裕がある場合はリフォームや補修をしたほうがよいケースもあります。

マンション売却前にハウスクリーニングは必要か?

次にマンションを高く売るうえで、ハウスクリーニングは必要なのでしょうか。中古マンションの場合は現状引き渡しなので、売り主にハウスクリーニングをする義務はありません。よって、とくにハウスクリーニングをせず、自分で掃除をして売りに出す人も少なくないようです。

マンションの内覧会での印象が大事

ただマンションを希望の価格で買ってもらううえで、一番需要なのが内覧会での第一印象です。購入後、買い主がリフォームするとはいっても、壁や床の汚れがひどく、水回りはカビだらけ、といった物件では印象は悪くなります。

業者によるハウスクリーニングは、1㎡あたり約1,000円ほどでできます。70㎡のマンションの場合、7万円ほどででき、それで見た目がずいぶん変わります。それだけの出費で場合によっては、10〜20万円くらい上乗せしても売れる可能性があります。

また内覧会で買い手が一番気にするのは、キッチンや洗面台、浴室やトイレなどの水回りの汚れです。ここが汚いと、物件全体の印象も悪くなります。リフォーム代が高額になると思い、そのような物件を敬遠する人もいるようです。

そのため、水回りや台所のガスレンジ、換気扇等の汚れがひどい場合は、ハウスクリーニングはやっておいたほうが無難です。

もちろん、ハウスクリーニングをしたからといって必ずしも高く売れるわけではありません。ただ内覧会での印象がよくなることは間違いありません。それだけ早く成約に結びつく可能性が高まります。結果的に値下げをする必要がなくなり、マンションが高く売れる可能性もあるのです。

マンションのハウスクリーニングは不動産会社に相談を

以上見てきたように、ハウスクリーニングの費用対効果は決して悪くはありません。予算に余裕があるのなら、業者にお願いするのもよいでしょう。

いずれにしろリフォームしたほうがいいか、ハウスクリーニングをしたほうがいいかは、物件の築年数や状態、売り手の考えかたしだいの部分があります。

まずは査定のさいに、不動産会社にリフォームやハウスクリーニングは必要かどうか、相談してみましょう。ただ、とにかく物件を早く売って仲介手数料が欲しいと考える業者のなかには、何かとリフォームをすすめる会社もあります。そのような不動産会社に言われるまま、紹介された業者で工事をするのはやめたほうがいいでしょう。

まとめ|マンションを高値で売却するにはリフォーム・ハウスクリーングが有効

マンションを高値で売却するために、必ずしもリフォームをしたり、ハウスクリーニングをしないといけないわけではありません。ただ、築年数のたった古い物件の場合はそれらが有効なこともあります。まずは信頼できる不動産会社に訪問査定に来てもらい、そのさいにじっくり相談し、アドバイスを受けることが大事です。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定