マンション売却前のリフォームやハウスクリーニングはコストを計算しよう

マンションを売却する際に、部屋の中を綺麗にしておくことは重要です。マンション購入を検討する買主の多くは、購入の検討をする際に部屋の中を見てチェックします。その際に壁紙が汚れていたり、部屋の中が汚かったらとても印象が悪いです。

そのためマンションを売却する前に、ハウスクリーニングやリフォームを検討する方も多いでしょう。マンション売却の際にはハウスクリーニングやリフォームは行った方が良いでしょうか。今回の記事ではマンション売却の際のハウスクリーニングやリフォームが必要かどうか、メリットや特徴なども含めて詳しく解説していきます。マンション売却を予定している方は、ぜひ参考にして下さい。

マンション売却でリフォームやハウスクリーニングは不要?

マンション売却 リフォーム ハウスクリーニング 不要

出来るだけマンションを高く売るためにも、部屋の中を綺麗にしておくことは重要です。買主の内覧の際に印象が良くなるので、価格交渉もしやすくなります。では、売却の際に費用をかけてまでリフォームやハウスクリーニングまで行うべきでしょうか。

リフォームは不要

マンション売却の際に部屋を綺麗にしておくことは重要ですが、リフォームまでは必要ないと言えます。何故ならリフォームには相応に費用がかかりますが、マンションの売却価格にリフォーム費用分までは上乗せ出来ないからです。

マンションの価格を決める際は、近隣の取引事例や周辺相場などを参考にして価格交渉を行いますがその際に、リフォームがされているからという理由で価格が上乗せされるケースは少ないです。リフォームの内容が買主の好みに合わなければ、逆にマイナス要因となってしまう可能性もある位です。

数百万円の費用をかけてリフォームを行っても、売却価格にプラスにならないどころか買い手候補を減らしてしまうことになります。マンションが老朽化していてリフォームが必要な場合は、通常は買主が自分好みにリフォームをしますからマンション売却前のリフォームは不要です。

リフォーム・リノベーション・ハウスクリーニングの違い

今回の記事ではマンション売却前のリフォームやハウススクリーニングについて説明をしていますが、それぞれの違いについて改めて確認しておきましょう。どちらも部屋を綺麗にするという点では同じですが、似ているようでも違います。

また最近良く耳にするのが、リノベーションです。リフォームとリノベーションも良く似ており、その違いが分かりにくいです。リフォーム・リノベーション・ハウスクリーニングのそれぞれの特徴は下記のようになります。

ハウスクリーニング 家の中を綺麗に「清掃」することを言います。あくまで清掃なので、壁紙を張り替えるといった交換や工事の作業は行いません。しかし清掃のプロが専用の道具を使って綺麗にするので、自分では落とせないような汚れまで落とすことが出来ます。
リフォーム 年数の経過によって劣化した部分を修復工事して、新築の状態に戻すことをリフォームと言います。リフォームはあくまで新築の状態に戻す現状回復が目的です。
リノベーション 既存の建物に工事をすることで新しく価値を付け加えたり、機能を加えることを言います。具体的には壁を取って間取りを変更したり、キッチンを新しく機能性の高いものに変えたりすることを言います。

ハウスクリーニングも基本的には不要

マンション売却前にリフォームは不要であることは説明しましたが、ハウスクリーニングはどうでしょうか。基本的にはハウスクリーニングも不要と考えておきましょう。理由はリフォームの場合と同じです。中古マンションを検討する方は、リフォームやリノベーションを前提としている方が多いからです。

内装なども自分好みに作り変えることを楽しみにしてマンションを選んでいますので、売主側があまり手を加えるべきではありませんし、リフォーム同様に費用をかけてハウスクリーニングを行ってとしても、売却価格が高くなるわけではありません。

一方で内覧の際にあまりに部屋が汚かったりすることは印象が悪いので、出来る限りの清掃は必要です。特にペットを飼っている方や煙草を吸っていたりする場合は、臭いにも注意です。自分では気にならなくても、臭いが染みついている場合もありますので、内覧前にはしっかりと換気を行いましょう。

ハウスクリーニングが必要、有用なケース

基本的にはマンション売却前にはハウスクリーニングは不要と説明しましたが、場合によってはハウスクリーニングを行った方が良い場合もあります。具体的には次のようなケースです。

  • 部屋の汚れがひどい場合(ハウスクリーニングでなければ綺麗に出来ない場合)
  • 築年数が浅い場合

買主が実際に部屋を見に来る内覧の際には、部屋を綺麗にしておいた方が印象も良く売却しやすくなることは先ほども説明しました。通常の汚れ具合であればハウスクリーニングをするまでもなく、念入りに清掃や換気をする程度で問題ありません。

しかしあまりにも汚れがひどい場合は、ハウスクリーニングをした方が良いでしょう。ハウスクリーニングをすることで売却価格が高くなる訳ではありませんが、ハウスクリーニングをしなければ買い手が見つからないような場合には行っておいた方が良いでしょう。

もう一つ、ハウスクリーニングを行った方が良い場合としては築浅の物件の場合です。築浅のマンションを検討する方は、リフォームやリノベーションを前提としている方は少ないからです。ハウスクリーニングを行うことで、新築に近い状態に戻すことで売却しやすくなるでしょう。

このようにマンション売却の際には、ハウスクリーニングが必要かどうかは物件によって違います。売却するマンションの特徴を見極めて対応するようにしましょう。

マンション売却前のハウスクリーニングのメリット

マンション売却 リフォーム ハウスクリーニング メリット

マンション売却前のハウスウリーニングは、物件によっては行った方が良い場合もあることは説明しましたが、ハウスクリーニングを行うことでどのようなメリトを得られるでしょうか。ここでは実際にハウスクリーニングを行うメリットについて、改めて整理をしていきましょう。

買主候補を見つけやすくなる

ハウスクリーニングを行う一番のメリットは、買主候補を見つけやすくなることでしょう。同じ価格の同じ物件があったとしたら、ハウスクリーニングを行っている綺麗なマンションを選ぶ方が大半でしょう。内覧の際に良い印象を与えるだけでなく、写真の見栄えも良くなります。

マンションを売却する際には、インターネットや販売図面に室内の写真を掲載します。ハウスクリーニングを行っている方が、写真の見栄えも良くなり買主候補も見つけやすくなるでしょう。

買主候補を見つけやすくなるという事は、出来るだけ早く売却出来ることへと繋がります。マンションの場合は毎月の管理費や修繕積立金などが所有者に発生しますので、早期売却を行うことでこのような無駄な出費を抑えることにもつながります。

汚れを理由に値引きされにくくなる

室内の汚れを落としておくことで、価格交渉の際の値引き材料に使われることを防ぐことが出来ます。リフォームなどを行わない予定の買主であれば、例えば壁紙に汚れが目立つ場合に張替に相当する金額を値引きされるようなケースも想定されます。

少し話がそれますが、マンションの価格交渉の際に「端数を切る」という値下げ交渉をしてくる買主は大勢います。例えば1,540万円で売り出ししている物件の場合であれば、1,500万円というような値下げ交渉です。マンションのような高額の取引の際には40万円が端数に感じてしまいますが、実生活での40万円はとても大きな金額です。

このような端数値下げの理由付けとして、室内の汚れなどはとても活用されやすい点です。「このマンションは汚れが目立つから端数を値下げしてよ」といった具合です。ハウスクリーニングを行って出来るだけ汚れを落としておくことで、このような値下げ交渉を少しでも防げる可能性もあります。

不動産会社も動きやすい

不動産会社の担当も営業マンですから、実績を上げたいのが本音ですし給料やボーナスなども営業成績で左右される会社も多いです。不動産会社の報酬や実績は、売買が成約しなければもらうことが出来ません。そのためどうしても不動産会社の担当しては、決まりやすい物件に力を入れてしまう傾向になります。

そうすると売却を担当している営業マンとしては、ハウスクリーニングを行って綺麗な物件と、汚れがひどい物件であれば、綺麗な物件に力を入れて売却活動を行ってしまいがちになります。不動産会社が力を入れて動けば動くほど、早期に買主も見つけやすくなります。

このように物件を綺麗にしておくことで、不動産会社の中でも優先順位を上げることが出来ます。ハウスクリーニングを行うかどうか迷った場合には、不動産会社に相談をしてみるのも良いでしょう。マンション売却に長けた不動産会社であれば、適格なアドバイスを行ってくれるでしょう。

少し話は逸れますが、中々マンション売却が進まない場合には他の不動産会社にも売却を依頼してみることも検討してみましょう。売却出来ない理由は、もしかしたら不動産会社にある可能性もあるためです。不動産会社によっては得意なエリアや物件なども違うため、不得手な物件の場合優先順位が低くなり動きが鈍くなっている可能性もあります。

そのためマンション売却には不動産会社選びが重要になります。不動産会社を複数比較する際には、下記のような一括査定サイトを活用すると良いでしょう。一度の依頼で複数の不動産会社から査定を取ることが出来るので、簡単に不動産会社の比較を行うことが出来ます。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

売った後のトラブル防止にもなる

ハウスクリーニングを行うことで、売却後の予期せぬトラブル防止にもなります。売却してすぐに設備などが故障した場合であっても、ハウスクリーニングを行っていて室内が綺麗な状態であればクレームまでにはならないかもしれません。

しかしハウスクリーニングを行っていなければ、設備の故障だけでなく室内の汚れなども気になってしまうかもしれません。このような気になる点が多ければ多いほど、クレームへと発展する可能性も高まるでしょう。このようなトラブルを防ぐことが出来るのも、ハウスクリーニングを行うメリットの一つです。

マンション売却前のハウスクリーニングの費用相場

マンション売却 リフォーム ハウスクリーニング 費用

マンションを売却する前にハウスクリーニングをした方が良いかどうかは、物件毎の特性によります。しかしこれまで説明してきたように、ハウスクリーニングを行ったからと言ってその費用の分だけ売却価格が上がる訳ではありません。

このように費用面までを計算して、ハウスクリーニングを行うかどうかを決める必要があります。では実際にハウスクリーニングを行った場合の費用は、どれくらいかかるでしょうか。ハウスクリーニングの費用は、部屋の広さや間取りによって相場が違ってきており、一般的には下記のような水準が多いでしょう。

間取り 空室の場合 居住している場合
ワンルーム 20,000~30,000円 30,000~50,000円
1LDK~2LDK 30,000~70,000円 45,000~80,000円
3LDK~4LDK 60,000~90,000円 70,000~100,000円
5LDK以上 80,000円以上 100,000円以上

既に引っ越しをしていて空室の場合よりも、居住中の場合の方が家具の移動や養生などの手間がかかるため価格は高くなるのが一般的です。また特定の場所のみをハウスクリーニングする場合の費用相場は、下記のようになっています。

ハウスクリーニングする場所 費用相場
台所シンク 15,000円以上
換気扇 15,000円以上
お風呂 15,000円以上
トイレ 10,000~15,000円以上
洗面台 10,000円程度
エアコン 15,000~20,000円
8,000~15,000円(6畳)

ハウスクリーニングは上記のように相応の費用が必要になりますので、行うかどうかは費用面も含めたうえで慎重に判断するようにしましょう。

ハウスクリーニングを依頼する際の注意点

マンション売却 リフォーム ハウスクリーニング 注意点

ハウスクリーニングは不要の場合もありますが、売却前のマンションに行うことでメリットも多くあります。そのためハウスクリーニングを行う方も多いですが、依頼をする際には注意も必要です。ここではハウスクリーニングを依頼する際の注意点について紹介していきますので、依頼する前に一度目を通しておいて下さい。

依頼する業者は慎重に選ぶこと

ハウスクリーニングを行っている業者の数はとても多く、依頼する場合はどのような業者に依頼するかが重要です。ハウスクリーニングを行うには特別な資格が必要な訳ではないため、専門の業者だけでなく「便利屋」「何でも屋」のように兼業で行っているところなど様々です。

ハウスクリーニングは室内に入って作業を行うため、不慣れだったり作業が雑な業者だと不安が残ります。エアコンなどの電気系統を触る場合もあるため、故障などのトラブルが起こる可能性もあります。中には料金も明瞭にしていない業者もあるなど、信頼出来る業者を探すことがとても重要です。

ハウスクリーニングの業者を選ぶ際には、下記のようなポイントをチェックしましょう。

  • 作業スタッフにアルバイトだけでないか(専属スタッフがいるか)
  • 損害保険に加入しているか
  • 料金を明確にしているか
  • 見積もりなどの対応が悪くないか

オプション料金に注意する

上記の中でも特に料金の点には気をつけるようにしましょう。ハウスクリーニングでの料金に関するトラブルで多いのが、オプションや追加料金に関するものです。当初の見積もりには入っていなかったオプションや追加料金を当日加算されて、高い金額の請求が来ることもあります。

例えばお風呂のサイズが大きいので料金が加算されたり、汚れがひどいからと言って追加料金が加算されたりといったトラブルもあります。このようなトラブルを防ぐためには、申し込みの際に追加料金の有無や最終的な金額を確認しておくようにしましょう。

作業員にも注意しよう

実際に派遣されるスタッフにも注意しましょう。アルバイトやパートだけでなく、専属のスタッフが何名ぐらいいるかなどによって丁寧な作業をしてくれるかどうかが変わります。ハウスクリーニングは室内での作業になるので、作業が雑だど室内の物を壊されたりしてしまうこともあります。

どのような方が派遣されるかは当日になってみないと分かりませんが、ネットの口コミ情報などで実際にその業者を利用したことのある方の意見を参考して、出来る限り事前にチェックしましょう。

まとめ|マンション売却前にはハウスクリーニングが重要!

マンション売却 リフォーム ハウスクリーニング まとめ

マンションを売却する際には、出来る限り室内を綺麗にしておくことで買い手も見つかりやすくなり、早期売却へと繋がります。しかし費用をかけてまでハウスクリーニングを行うかどうかは、慎重に判断しましょう。費用をかけてハウスクリーニングを行っても、売却価格が高くなる訳ではないからです。

自分では落とせないような汚れや臭いなどがひどい場合に、買主の印象を良くするために行うのが売却前のハウスクリーニングです。ハウスクリーニングを行う場合でも、汚れを落とす程度にとどめ壁紙の張り替えや設備の入れ替えなどのリフォームまでは行わないようにしましょう。

中古マンションの買い手の多くはリフォームを前提としているため、かえって買主候補を減らしてしまうことになるからです。またハウスクリーニングを依頼する際には、記事中で紹介したように業者を選びにも注意が必要になります。

これからマンションを売却する予定のある方は、ぜひ今回の記事を参考にして適切にハウスクリーニングを行うようと良いでしょう。

はてなブックマーク

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事