マンションの「買取」と「売却」どちらがお得?それぞれのメリット・デメリットを解説

マンションの「買取」と「売却」

マンションを売るには、二通りの方法があることをご存知でしょうか。一つは不動産会社に間に入ってもらい、不動産会社が見つけてくれた買い手に売却をする「仲介」という一般的な方法です。もう一つ、不動産会社に直接買ってもらう「買取」という方法もあります。この二つはどちらが得なのでしょう? それぞれのメリット・デメリットとともに考えます。

マンションの「買取」と「売却(仲介)」のメリット・デメリット

「買取」とは言葉の通り、自分のマンションを直接、不動産会社や買取専門業者に買い取ってもらうことです。車を中古車屋さんに売るようなものですね。いっぽう「売却(仲介)」とは、不動産会社に買い主を見つけてもらい、その買い主に売る方法です。

以下にそれぞれの手順をまとめます。

マンション買取の場合

  1. 買取の査定を依頼する
  2. 買取額の提示を受ける
  3. 売買契約を結ぶ
  4. 売却金を受け取り、物件を引き渡す

マンション売却(仲介)の場合

  1. 不動産会社に査定を依頼する
  2. 不動産会社と仲介契約を結ぶ
  3. 売却活動を始める
  4. 内覧会を行う
  5. 買い手が決まる
  6. 売買契約を結ぶ
  7. 売却金を受け取り、物件を引き渡す

これを見ると、買取がとてもシンプルなのに対し、売却(仲介)の場合は色々と手間がかかることがわかります。

まずはマンションの最高売却額を一括査定で探る!

買取でも売却でも、まずはマンションの売却価格相場を知っておきましょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

続いてそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

マンション買取のメリット

  1. すぐに現金化できる
  2. 瑕疵担保責任が免除される
  3. 不動産仲介手数料が不要
  4. 資金計画を立てやすい
  5. 内覧会が不要
  6. 人に知られずに売れる

マンション買取のデメリット

  1. 売却価格が安くなる

マンション売却(仲介)のメリット

  1. 高く売れる可能性がある
  2. 希望の値段で売り出せる

マンション売却(仲介)のデメリット

  1. いつまでも売れない可能性がある
  2. 瑕疵担保責任がある
  3. 仲介手数料がかかる
  4. 資金計画を立てにくい

マンション「買取」と「売却(仲介)」を徹底比較

ここまで見ると、「売却(仲介)」より、「買取」のほうがメリットが多いように思えます。以下、項目ごとにそれぞれの違いを解説します。

マンションの価格

マンション仲介の場合、不動産会社は間に入るだけで、買うのはそのマンションでこれから暮らす人です。よって、基本的には査定価格や相場の価格でマンションを売ることができます。その物件にどうしても住みたいという買い手がいれば、相場より高く売れることもあります。最初の売り出し価格は、売り手が自由につけることができます。

いっぽうマンション買取の場合、売却価格は業者が提示する価格に従わざるを得ず、価格も仲介の場合より安くなります。一般的に買取価格は、市場価格の6〜7割程度だと言われています。例えば市場価格が4,000万円のマンションなら、買取価格は2,400〜2,800万円程度になります。

その理由は、買取の場合、買いとった不動産会社はその物件を自分たちで利用するわけではなく、リフォームなどで付加価値をつけ、利益を上乗せして転売するからです。買い主が見つからなかったり、想定した価格で売れるとは限らず、不動産会社は大きなリスクを抱えることになります。そのため、買取価格はどうしても安く設定されてしまうのです。

期間

売却までの期間は、仲介より買取のほうが早くなります

仲介の場合、不動産会社が広告などを打って買い主を探さなくてはなりません。平均的には3〜6ヵ月くらいかかると言われています。場合によっては1年、2年たっても買い手が見つからず、売れないこともあります。

いっぽう、買取の場合は不動産会社が直接買うわけですから、買取価格の合意さえできれば、すぐに契約を結ぶことになります。極端なことをいえば、買取の相談をした日に査定を受け、提示された金額に納得がいけば、必要書類を揃えて数日後には売買契約を結び、すぐに売却金を受けとることもできます。一般的には買取の場合、2週間から1か月くらいで売却できると言われています。

仲介手数料

仲介の場合は、不動産会社に払う「仲介手数料」が必要になります。仲介手数料は宅地建物取引法で上限額が決められています。通常、売却価格×3% + 6万円以下の手数料を支払うことになります。

例えば、マンションを3,000万円で売却した場合

3,000万円×3%+6万円=96万円

この96万円が上限額となります。

買取の場合は仲介手数料が発生しません。

瑕疵担保責任

仲介の場合、売り手は瑕疵担保責任を負わなくてはなりません。マンションを引き渡した後、一定期間の間に、雨漏りやシロアリ被害、耐震強度不足など、買い手が気づかなかった瑕疵(欠陥)が発覚した場合、買い手に対して損倍賠償をしなくてはならなくなります。瑕疵(欠陥)の程度によっては、契約そのものが解除になることもあります。

買取の場合は、この瑕疵担保責任は免除されます。

人に知られるかどうか

仲介の場合、不動産会社が買い手を見つけるために、物件情報をインターネットに載せたり、広告やチラシを打ったりします。そのためマンションを売ることや売り出し価格が広く知られてしまいます。買取の場合はそのようなことはありません。

結局、マンション買取と売却どっちが得なのか?

以上、見てきたように、仲介に比べて買取にはほとんどデメリットはありません。ただ唯一のデメリットが、買取金額が安いということです。ただマンションを売る人にとっては、いくらで売れるかが最大の関心事です。4,000万円のマンションを売るときに、1,000万円以上の差が出るというのは大問題です。よってたいていの人は、買取は損だと考え、売却(仲介)を選びます。

ただ、何らかの事情でとにかく早くマンションを処分して現金を手にしたい、他人に知られずに売却したい、という人は買取を選ぶことになります。

最後にマンションの売却においては、不動産業者によって仲介だけを行っていたり、買取だけを専門に行っていたりします。買取と仲介の両方を検討している場合、最初からそれぞれの不動産業者に相談するのも面倒です。まずは、買取と仲介の両方を同時に査定できる一括サイトで、それぞれの相場を調べてみるのもいいでしょう。

まとめ|マンション買取と売却で見ると、売却の方がお得

「買取」と「売却(仲介)」のどちらが得か。売却金額だけを見れば「売却」のほうが断然、得です。とはいえ、売り手には様々な事情があります。そういった意味ではどちらが得かは一概には言い切れません。とくに買取価格は安くてもとにかく早く売りたい、という事情がある人は「買取」も検討してみましょう。

はてなブックマーク

マンション売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
マンション売却額がわかる!カンタン60秒査定