不動産一括査定のメリットとデメリット、注意点を紹介!選び方も!

不動産を売却する際には、事前に査定を取ることが重要です。査定を取ることで、信頼出来る不動産会社を見つけることが出来て、不動産の売却をスムーズに行うことが可能になります。しかし不動産の売却に慣れていない方にとっては、査定を取ること自体に不安を感じてしまいますし、ましてや最近よく聞く一括査定となると更に利用に抵抗のある方も多いでしょう。

最近インターネットなどでも目にする機会の多い一括査定ですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。今回の記事では一括査定のメリットやデメリット、特徴や良くある質問なども含めて詳しく解説していきます。

不動産一括査定とは?

不動産 一括査定 メリット デメリット 査定とは?

そもそも不動産の一括査定とは、どのようなことを言うのでしょうか。名前の通り不動産一括査定は、一括で査定を取ることの出来るサービスです。インターネットの一括査定サイトを通じて、売却しようとしている不動産の情報(住所や広さ、築年数等)を一度入力するだけで、複数の不動産会社へと一括で売却依頼をすることが出来ます。一度に依頼出来る不動産会社の数や、依頼出来る不動産会社はサイトによって違いがあります。

このように一括査定は一度の依頼で簡単に複数社へと査定依頼の出来る便利なサービスですが、そもそも査定とはどのようなもので、査定が何故必要になるでしょうか。

そもそも査定とは?

査定とは、売却しようとしている物件を不動産会社が評価を行って、おおよその評価額を算出するサービスです。評価額の出し方は様々ですが、物件の情報に基づいて近隣の成約事例などを参考にして決める場合が多いです。物件は見ないでデータだけに基づいて評価する机上査定と、実際に物件を見て評価する訪問査定の二種類があります。

机上査定は簡単にスピーディーに評価が出来る反面、評価額が正確でない場合もあります。訪問査定は机上査定よりも正確な評価額を出しやすいですが、手間と時間がかかってしまうのが特徴です。一括査定のサイトによっては、どちらの査定を依頼するかを選べるところもあります。

何故査定を取った方が良いのか

では何故物件売却の際に、査定を取る必要があるのでしょうか。不動産の売却を行う際、不動産の売買価格は売り主と買い主の交渉で決定します。その交渉の際に価格を決める参考になるのが周辺の相場や近隣の事例などです。そのため不動産を売却する際には、事前に周辺の相場などについて調べておくことが重要で、査定を取ることで物件の相場や近隣の事例などを知っておくことが出来ます。

査定を取る際も一社ではなく、複数の不動産会社の査定を比較することでより正確な相場を知ることが出来ます。このように不動産を売却する際には、複数の不動産会社の査定を比較することが、成功への第一歩と言えます。不動産を売却する際には、ぜひ下記のような一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

不動産一括査定の3つのメリット

不動産 一括査定 メリット デメリット 3つ

不動産を売却する際に一括査定を利用した方が良いことは先ほども説明しましたが、一括査定を利用すると具体的にどのようなメリットがあるのか、改めて整理をしながら見ていきましょう。一括査定を利用するメリットは、大きく次の3点です。

手軽に査定申し込みができる

一つ目のメリットは、査定申込が簡単にお手軽に出来る点です。不動産売却の際に査定を取ることが重要ですが、普段不動産会社と接点を持つことは少なく、査定申込に抵抗を感じる方もいるでしょう。そのような場合はインターネット経由で依頼が出来る不動産一括査定は利用がしやすく、おすすめです。一度の依頼で複数の不動産会社に査定申込が出来る事も、魅力と言えます。

複数の不動産会社の査定を比較できる

二つ目は、複数の不動産会社の査定を比較出来ることです。査定額はデータや過去の事例などに基づいて出されますが、それでも不動産会社によって違いがあります。不動産会社も物件やエリア毎に得意不得意があり、査定の価格に幅が出ることは良くあります。一括査定を利用することで、簡単に複数の査定を比較出来るのもメリットの一つです。

その土地の相場も確認できる

一括査定を利用すれば、複数の査定額を見ることが出来るのでより正確にその土地の相場も知ることが出来ます。不動産売却の際には出来るだけ詳しく相場を調べておくことが重要なのは先ほども説明しましたが、査定によって詳しく相場を知れるのも一括査定を利用する大きなポイントです。

自分と好相性の不動産会社が分かる

三つ目は相性の良い不動産会社を見つけられることです。不動産の売却は、信頼の出来る不動産会社に依頼をすることが重要です。そのため不動産会社選びがとても大切なポイントになりますが、一括査定を利用することで効率良く複数の不動産会社を比較することが出来ます。

不動産一括査定のデメリット

不動産 一括査定 メリット デメリットとは

メリットがあればデメリットがあります。不動産一括査定を利用するメリットは説明してきましたが、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。一括査定を利用するデメリットには、下記のような点があります。

査定額と実際の売却価格が異なる場合がある

査定額は、不動産会社がプロの目で見て評価をします。しかし、査定額=売却価格ではありまん。先ほども説明したように売却価格は、売主と買主の交渉で決まります。周囲の相場価格よりも高い場合もあれば、低い場合もあります。査定価格がそのまま売却価格とならないことは理解しておきましょう。

複数社から電話がかかってくる

複数の不動産会社に査定を依頼するということは、複数の不動産会社から営業を受けることになります。不動産会社が無料で査定を行ってくれるのも、自社で売却を行うことを目的としたサービスの一環だからです。査定依頼を多く行えば行うほど、電話などの営業攻勢があることは理解しておきましょう。しかし営業の電話がかかってきたとしても、取引する気がないのであればしっかりとその気持ちを伝えれば良いだけです。その際には無料で査定をしてくれたことへの感謝の気持ちも伝えるようにしましょう。このように真摯に対応することで、無駄な電話攻勢を受けることもありません。

不動産一括査定には、このようなデメリットもありますが、二つとも比較的自分次第でコントロール出来るデメリットと言えます。何よりデメリット以上に、一括査定を利用するメリットの方が大きいですから不動産を売却する際には、一括査定を利用することをおすすめします。

不動産の一括査定はあくまでも目安額だという事に注意

不動産 一括査定 メリット デメリット 注意

不動産の査定価格は、実際の売却価格とは異なることがあることは先ほどデメリットの項目でも説明しました。不動産会社から出された査定額を見てしまうと、どうしてもその価格で売却出来ると思ってしまいがちですが、その点には注意が必要です。ここでは査定の金額を参考にする際の注意点について紹介していきます。

査定額はあくまでも目安

まず査定額として出された金額は、あくまで目安であることは良く理解しておきましょう。査定額の出し方はその物件の相場や過去の事例に基づいて出したものです。不動産会社によっては、売却を依頼してほしいという気持ちが加わって、ついつい高めの金額を出してしまうケースも珍しいことではありません。

このように査定額は査定を行った不動産会社が「これくらいの価格で売れそうだ」という金額です。つまり査定をした不動産会社の経験やカンに基づいている部分もあるため、実際の売買価格はずれる事が多いです。と言うよりも、査定額ピッタリで売れる方が少ないと思っておいた方が良いでしょう。

査定対象外の土地もある

物件のエリアによっては、査定が出来ないエリアもあります。不動産会社には全国的に展開している大手もありますが、ある地域に密着した地元不動産会社の方が圧倒的に多いです。売却しようとしている不動産のエリアに詳しい不動産会社でなければ、査定を出すことは出来ません。一括査定のサイトによって提携している不動産会社は違うので、サイトによっては査定対象外となっているエリアもあります。

正確に入力しないと査定額がブレる

査定を依頼する際には、物件の情報を正確に伝えることが重要です。例えば東京都内など不動産価格の高いエリアでは、土地の広さが数メートル違うだけで何百万と価格が違ってきます。同様に駅からの距離1~2分違うだけで、価格も大きく違います。このような事を防ぎ正確に査定額を出してもらうためには、物件の情報を正確に入力するようにしましょう。

一括査定サイトは対象エリアが広く見積もり依頼ができるものを選ぶ!

不動産 一括査定 メリット デメリット 選ぶ

不動産売却の際には、一括査定サイトを利用する方が良いことをこれまで説明して来ましたが、一括査定サイトにはたくさんの種類があります。いざサイトを利用する際に、どのサイトを使えば良いか迷ってしまう場合もあるでしょう。ここでは一括査定サイト選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

サイトによって査定エリアは違う

サイトによっては査定対象外のエリアがあることは先ほども説明したした。そのためサイトを選ぶ際には、査定の対象エリアが広いサイトを選ぶと良いでしょう。東京都内のような不動産取引の活発なエリアであれば問題ないですが、地方都市や山間部などの物件の場合は、サイトによっては対象外のケースもあるので事前に確認するようにしましょう。

提携している不動産会社の数もチェック

提携している不動産会社の数も、一括査定サイトを選ぶ際には重要なポイントです。提携している不動産会社の数が多いほど、大手から地場などのたくさんの不動産会社から、査定依頼をする会社を選ぶことが出来ます。不動産は地元の会社ほど情報をたくさん持っている場合も多いので、提携している不動産会社が多い一括査定サイトの方が、より信頼出来る査定を取ることが出来ます。

数ある一括査定サイトの中でもおすすめなのが下記の一括査定サイトです。カバーしているエリアも広く、提携している不動産会社の数も1,700社と他のサイトと比較してもトップクラスです。不動産一括査定の際にはぜひ活用してみて下さい。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

不動産の一括査定で少しでも高く売るコツ

不動産 一括査定 メリット デメリット 高く売る

不動産の売却価格に決まった価格はなく、売主と買主の交渉によって決まることは紹介した通りです。つまり交渉や売り方次第では、相場よりも高く売ることが可能になります。今回紹介している不動産の一括査定を上手く活用することで、不動産を高く売却出来る可能性を高めることが出来ます。一括査定を活用して不動産を高く売るコツを紹介していきます。

事前にある程度相場を把握しておく

不動産を高く売るためのコツは、これまでも説明してきた通り売却する不動産の相場を調べておくことです。相場を調べる際のポイントは単純に周辺の相場や事例を調べるだけでなく、物件ならではの強みと弱みを把握しておくことです。近隣の成約事例と比較しながら、「売却する物件は事例よりも日当たりが良い」などの特徴をアピールすることで相場以上の価格を引き出すことが出来ます。

信頼できる担当者のいる会社を選ぶ

これまで不動産売却を成功させるコツは信頼出来る不動産会社選びが大事であることは紹介しましたが、もう少し正確に言うと信頼出来る担当者のいる不動産会社を見つけることがポイントです。不動産会社によって違いもあるかもしれませんが、物件をどのように売却して、どのように買主を探すかは担当者の動きに左右される部分が多いです。いかに会社が業歴や実績が豊富であっても、担当にやる気がなければ親身にはなって動かないでしょう。

不動産売却を依頼する不動産会社を決める際には、会社の実績や評判も大事ですが「この人にまかせたい」と思えるような担当がいるかどうかを判断基準にすると良いでしょう。

査定を左右するポイントを把握する

不動産を高く売るには、査定の内容を良く理解しておくことも重要です。査定額がどのような項目で増額・減額するかのポイントを把握すれば、売却する物件の強みや弱みを理解することが出来ます。売却する物件の特徴を押さえておけば買主との交渉も優位に進められる可能性もありますし、弱みをカバーすることで価格も高めに設定することが出来ます。

査定額を左右するポイントは物件の種類ごとにたくさんありますが、土地の場合だと一般的には下記のようなものがあります。

  • 駅からの距離
  • 土地の形
  • 全面道路の幅や接道状況(角地など)
  • 間口と奥行き
  • 道路との高低差
  • 埋蔵物や土壌汚染の有無
  • 近隣の嫌悪施設

上記のように様々な理由で不動産の査定額は、変わります。売却しようとしている物件が、周辺相場と比べてどの点に強み弱みあるかを理解しておくことが高く売ることに繋がります。

不動産の一括査定でよくある4つの質問

不動産 一括査定 メリット デメリット 質問

不動産一括査定はお手軽なのが特徴の一つですが、やはり初めて利用する場合には気になる点もあるでしょう。不動産一括査定に関する良くある質問について紹介していきます。

匿名で一括査定を使えますか?

まだ売却をするかどうか分からない時など、個人情報を隠して査定をしたい場合もあるでしょう。不動産会社の営業攻勢を受けたくない場合など、匿名で査定が依頼が出来るかどうかは質問の中でも多く寄せられる項目です。結論から言えば、サイトにもよりますが匿名で一括査定が可能です。

名前や電話番号などを伏せて、売却したいエリアでおおよそ物件概要を伝えれば査定を行ってくれるサイトはあります。ただし匿名の場合は、物件を特定しないケースもあるので査定額が正確でない可能性があることは理解しておきましょう。まだ売却をするかどうかを決めかねていて、ざっくりとした査定額を知りたい場合には便利です。

依頼に必要な書類はなんですか?

査定に伴ってどのような書類を準備する必要があるでしょうか。これは机上査定と訪問査定によって違います。入力したデータに基づいて行う机上査定の場合は、基本的には書類の準備は不要です。依頼の際に入力したデータのみに基づいて査定をしてくれるので、とてもお手軽です。

一方訪問査定の場合は、書類の準備が必要になります。物件や不動産会社にもよって準備する書類に違いはありますが、一般的には下記のような書類が必要になります。

  • 不動産謄本
  • 購入した際の売買契約書・重要事項説明書
  • 測量図
  • 建物の図面や間取り図

査定申込後のキャンセルは可能ですか?

査定を申し込んでしまった後、やっぱり売却をやめてしまうことも多いでしょう。そのような際にキャンセルは出来るでしょうか。こちらも多い質問ですが、キャンセルは可能です。そもそも査定は無料のサービスで行ってくれていますから、事情が変わって査定が不要になった際には、きちんとその旨を説明してキャンセルをすれば問題ありませんし、費用が発生することはありません。

査定前にリフォームやクリーニングはするべき?

訪問査定の場合は、実際に物件を見て査定額を出します。内装が汚れていたり、設備が破損していればその分査定額に影響出ることがあります。そのような際、査定の前にリフォームやクリーニングを行っておいた方が良いかどうかは迷う方も多いでしょう。しかしリフォームやクリーニングを行うのは、査定を行った後の方が良いです。

訪問査定の特徴は物件を不動産のプロが見てくれることです。リフォームやハウスクリーニングを行う際も、「この部分をクリーニングした方が良い」など具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。査定前に素人考えでリフォームなどを行ってしまうと、やらなくても良い部分まで行ってしまう可能性もあります。リフォームやクリーニングなどは一度不動産会社に現況を見てもらって、それからアドバイスを聞きながら実施する方が良いでしょう。

まとめ|一括査定を活用して上手に不動産を売却!

不動産 一括査定 メリット デメリット まとめ

不動産の売却は、人生でそう何度も行うことではありません。そのため不慣れなまま高額な売買交渉を行わなければなりません。不動産売却を行うには、少しでも不安な気持ちを取り除いて取り組むことが大切で、その結果として相場よりも高く売れる可能性が高まると言えます。

記事中で説明してきたように不動産売却の際には、事前に相場を調べること・信頼出来る不動産会社を探すことがとても重要になる訳ですが、その二つを解決するのが不動産一括査定です。今回説明してきたように一括査定のメリットはとても大きく、一括査定サイトを利用することが不動産を高く売ること繋がります。不動産を売却する際には、今回の記事を参考にして不動産一括査定のメリットを上手に活用して売却に成功するようにしましょう。

はてなブックマーク

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事