土地の売却|複数の業者に見積もりを依頼するメリットはこれ!

見積もり

土地の売却をしようと思った際にまず確認するべきなのは、自分の土地が大体どの程度の価値があるかということです。
人によって土地を売る理由は様々あると思いますが、最終的には売却価格の目処が立たなくてはその先の行動に移すことが出来ません。

そこで今回は、土地の売却価格の目処を知るために複数の業者に見積もりを依頼するメリットをお伝えいたします。

1つの業者にしか見積もりを取らないリスクとは

まず知っておきたいのは、1つの業者にしか見積もりを取らないことのリスクです。これは不動産業者の収入形態によって生じる問題です。

不動産仲介業者は、家や土地の売買が成立したタイミングで売買金額に応じた仲介手数料を取っています。

売却価格 手数料
~200万円 5%
201万円~400万円 4%
401万円~ 3%

このような仕組みですので、仲介業者としては1件でも多くの契約を獲得したいとなるのは当然です。

また、契約を取るために「地域の相場よりも少し高めの査定額を提示する」といったことをしている会社があるのも事実です。

ですが、1社しか見積もりを取っていないとなると、その査定額が相場よりも高いのか低いのかということがわからないという事態になります。なお、自分で路線価から計算して大体の地域相場を知るという方法もありますが、それをするのであれば他の業者に見積もりを取ったほうが早いといえます。

このような理由から、1社だけに見積もりを取るのではなく複数社に査定・見積もりを取って比較検討することをおすすめしています。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

ちなみに、査定には「机上査定」と「訪問査定」の2種類がありますが、まずは机上査定を取ることをおすすめします。

複数の業者に確認するなら、まずは机上査定を

先程書いた「机上査定」と「訪問査定」ですが、それぞれ下記のような特徴を持っています。

査定方法 特徴
机上査定 オンライン上で査定を完結させる方法。
物件の周囲の状況など含まれない情報が多いので、実際の価格と差位が生じやすい。
訪問査定 実際の物件まで担当者が訪問し、査定を行う方法。
机上査定よりも精度は上がるが、訪問の度に対応する必要がある。

上記の内どちらを選んでも査定額を出してもらうことは出来ますが、その査定額を出す目的によって使い分けるようにしましょう。

机上査定で十分な場合

「物件の相場を知りたい」という場合には、机上査定で十分です。さすがに5社も6社も訪問査定の対応をしていたのでは、その対応だけで疲れてしまいます。

そこで、まずは机上査定で幾つかの会社の見積もりを取って、自分が売りたい土地の相場感をつかむようにしましょう。
もし相場感から大幅に外れるような業者の査定があれば、その会社は外してしまって残りの会社の中から選ぶようにしましょう。

訪問査定をしたほうがいい場合

訪問査定をしてもらったほうがいい場合、それは「契約を結ぶ不動産会社を選ぶ段階」になったときです。

机上査定で5社~6社の見積もりを取り相場から大きく外れた会社を除いた後に、おおよそ3社程度に絞りましょう。その段階になって初めて訪問査定を打診される方が、査定疲れのような状態にならないのでおすすめです。

上記のように机上査定と訪問査定は目的によって使い分けを行うことが重要となってきます。

なお、5社から6社見積もりを取ることをおすすめしましたが1社1社連絡を取って見積もりを取るのは面倒ですよね。

そんな時は複数社に一括で査定を依頼できる「一括査定サービス」を使うことをオススメいたします。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

複数の会社に連絡するのが面倒なら、一括査定サービスを使いましょう

「土地や建物など不動産の売買をしている会社」と聞いてすぐに思い浮かぶ会社はいくつありますでしょうか?また、上記に加えて「地元の」という条件をつけるといかがでしょうか?

恐らく多くの人は1社もしくは0という回答になることが多いと思います。そんなあなたが知らないような優良企業にも査定をして貰うためにオススメなのが「一括査定サービス」です。

全国には約12万社の不動産会社がありますが、そのうちの98%は1つの都道府県にしか営業所を持っていない中小規模の会社なのです。
よって、大々的にCMをうったりということは出来ないのですが、その地域密着で何十年も営業をしており地域のことを知り尽くしているという企業さんはたくさんあります。

そのような企業の信頼できる営業さんとつながることが出来れば、土地の売却においてこれほど力強いものはありません。

なお、1つの一括査定サービスでは不十分な場合もありますので注意しましょう。

一括査定サービスにどこの会社が登録されているかチェックしましょう。

先程も書いたように、全国には約12万社の不動産会社があり、そのうちの98%が中小規模の会社です。よって、11.8万社は1つの都道府県にしか営業所がない会社となります。これを単純に47都道府県で割ったとしても、1都道府県当たり2,500社ある計算になります。

では、有名な一括査定サービスにどの程度の企業が登録をしているか見てみると「1,000社」です。

これを見ると、1つのサービスだけでは自分のニーズに合致した会社と巡り会えない可能性があると言えるでしょう。

よって、1つの一括査定サービスだけでなく複数の登録会社が違う一括査定サービスを使い網羅的に様々な企業から査定をもらうことを意識するようにしましょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

まとめ

以上、土地売却の際に複数の業者から見積もりをもらう必要性をまとめました。

  • 1つの業者にしか見積もりを取らないのはリスクがある。
  • 複数の業者に確認するなら、まずは机上査定をしてもらいましょう。
  • 複数の会社に連絡するのが面倒なら、一括査定サービスを有効活用しましょう。
  • 一括査定サービスにどこの会社が登録されているかチェックしましょう。

「あの会社・あの営業さんが言ってるから間違ってないよね」という思い込みをなくすためにも、1つの会社からのみの情報を信頼するのではなく、様々な情報を比較検討した上で選ぶことが重要です。

ぜひ一括見積もりサービスを活用して、売主・買主双方にとってWin-Winな取引ができるようにしていきましょう。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定