信頼できる担当者を見つけ、土地の売却を依頼すれば「大きく得」をする

信頼できる担当者

土地の売却を行う際には、どの不動産業者に依頼するかが大きなウェイトを占めてきます。ですが、初めて土地の売却を依頼する方にはどのような業者が良いのか見分けるのが難しいでしょう。

そこで今回は信頼できる不動産業者および担当者を見極める方法をまとめました。これから不動産売却を考えている方は必見です。

不動産業者によって得意分野が違うのを知ろう

まず最初に知っておいていただきたいのは、不動産業者によって得意分野が違うということです。法律上は宅地建物取引業者であれば、どんな不動産物件を取り扱っても問題はございません。ですが、大きく下記のように分かれてまいります。

分譲業者

居住用や投資用のマンションを作っているマンションディベロッパーや、住宅分譲などを行っている開発業者や建売業者などがここに分類されます。

ここに付属する業者は、土地の買い取りなどは基本行いません。

買取再販業者

売れ残りの新築物件・中古物件・土地や競売物件の買取再販を行っているのがここに属する業者です。

この業者に依頼する場合は、業者が仲介して他の買主を探すというよりは業者自身が買取をし、整備した後に再度販売するという形になります。土地の売却にあたって仲介手数料はかかりません。

媒介業者

売買物件・賃貸物件・投資用物件の管理や仲介を行っているのがここに属する業者です。

この業者に依頼する場合は、業者が仲介をして新しい買主を探す形になります。買主が見つかった場合は、仲介手数料が費用としてかかります。

このように、不動産業者には様々な形態の会社があります。もし今まで土地の売買を行ったことがないという業者に出会った場合は、他の不動産業者を探すようにするのがオススメです。

では、この中から良い業者を選ぶにはどうすればよいのでしょうか。次はその方法を見ていきましょう。

不動産業者に問題がないかを確認しましょう

良い業者かどうかを選ぶには、不動産業者の営業年数や処分歴を確認するようにしましょう。では、それぞれ確認できる方法をお伝えいたします。

不動産業者の営業年数の確認方法

不動産業者の免許番号は「国土交通大臣(2)第◯◯◯◯号」や「大阪府知事(3)第◯◯◯◯号」といった表記になっています。

このカッコ内に入っている数字は免許の更新が来る度に増える仕組みになっていまして、この数字に5年をかけると「同じ免許で何年やっているか」を知ることが出来ます。

あくまで一つの目安としてですが、この営業年数の長さを見るのも一つの方法です。

例えば、会社自体は昔からあるのに営業年数が短い会社があった場合は処分歴などを確認してみても良いと思います。

なお、営業年数が古くてもその間に社員や役員がごっそり入れ替わり、全く別の会社と言っても違和感がないという場合もありえます。
よって、営業年数だけでなくインターネットでその会社の名前を検索してみて、ニュースなどが出てこないかということも行うようにしましょう。

不動産業者の処分歴の確認方法

不動産業者の処分歴はそれぞれの免許を管轄している場所で確認することが出来ます。

国土交通大臣の免許の場合は、その会社の本社所在地を所管している国土交通省の出先機関。都道府県知事の免許の場合は、都道府県の宅地建物取引業を管轄する部署で確認することが出来ます。

上記の機関で確認できる「業者名簿」を見ることで、過去の営業実績・資産状況・行政処分歴・代表者、役員の人事状況等を確認することが出来ます。

なお、注意すべき点としては「業者名簿」に記載されるのはあくまで宅地建物取引業法に関する事項だけという点です。
普段の営業方法や接客態度などに関しては、実際に自分がどのような印象を受けたかという点でしか判断できません。

以上の2点に関する知識を持っているかいないかでは、判断の際に見るポイントが変わってきます。もし気になる不動産業者がいた場合は確認するようにしましょう。

最後に、担当者を見極めるポイントをご紹介いたします。

担当者が信頼できるかのチェックポイント

上記の点を確認して会社自体に問題がなかったとしても、担当者と綿密にコミュニケーションをとれないようでは、効果的な販売戦略を組むことが出来ません。

そこで下記の点を確認するようにしましょう。

営業担当社の10のチェックポイント

  1. 専門用語などを並べることなく、わかりやすく説明してくれているか
  2. こちらが理解できているかに気を配ってくれているか
  3. 販売に関するメリットだけでなく、デメリットも説明してくれるか
  4. 質問に対して、要点がずれた返答が来ていないか
  5. 契約を急がせたり、煽ったりするような言動はないか
  6. 約束の時間を守れるか
  7. こちらの話を遮って、自分の話をすすめるようなことがないか
  8. 分からなかったことはすぐに調べて、スピード感を持って対応してくれるか
  9. 「◯◯だと思います」といった曖昧な話が多くないか
  10. 最近の市場動向や、その地域の特徴などを勉強しているか

ざっと挙げただけでも上記のような点に注意して担当者を見るようにしましょう。

なお土地売却の場合であれば、訪問査定をしてもらって最終的にどの業者にするかを決めることが多いです。
よって、その際に色々と質問することが多いですが、その査定に来てくれた人が今後も自分の担当をしてくれるかどうかも確認するようにしましょう。

不動産業者によっては、契約前と契約後で担当者が変わると行ったケースも見受けられます。もしその入れ替わった担当者としっかりとコミュニケーションが取れない場合、売却がうまくいかないことも多々あります。

不動産業者との契約は、契約形態によっては3ヶ月間は解約できないという形になります。よって業者選びや担当者選びは慎重になりながらもスピード感を持ってすすめるようにしましょう。

まとめ|不動産業者と担当者の見極め方

以上、不動産業者と担当者の見極め方をご紹介させていただきました。

どの業者・担当者に依頼するかによって売却までの機関は大きく変わってきます。よって、自分が知っている範囲だけでなく様々な業者に査定を依頼するのがオススメです。

例えば「一括査定サービス」を利用すれば、一度の情報提供で複数の業者に査定依頼を行えます。時間がなかなか取れないという方はぜひ検討してみてください。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定