机上査定と訪問査定の違いは何?どちらの査定がいいの?

不動産売却の第一歩は、不動産会社の査定を取ることから始まります。不動産を売却する際には周辺の相場について調べたうえで、信頼の出来る不動産会社に売却をすることが重要だからです。不動産の相場を知るにも、良い不動産会社を探すにも査定を取るのが一番の近道となります。このように不動産会社の査定はとても重要な意味を持ちますが、査定には机上査定と訪問査定があります。

それぞれどのような違いやメリットがあるのか、分かっているようで意外と知らないことも多いでしょう。今回の記事では机上査定と訪問査定の違いについて、メリットやデメリットなども含めて徹底的に解説していきます。

机上査定と訪問査定の違い

机上査定 訪問査定 違い

不動産の相場調査や売却の際など、不動産会社の査定を取る機会は少なくありません。そもそも査定とは、不動産会社が物件を調べて、いくらぐらいであれば売却できそうかの金額を算出することを言います。しかし一口に査定といっても実は種類があり、机上査定と訪問査定があります。二つとも同じように聞こえますが、中身は大きく違います。

ここではこの二つの査定の特徴について解説をしていきます。まずは、机上査定と訪問査定の違いについて説明していきます。

机上査定とは

机上査定の最大の特徴は、物件を実際に見ないで物件の概要やデータに基づいて査定を行う方法です。名前の通り、不動産会社が机上で査定を行うので「簡易査定」と言われることもあります。ただし、簡易的な査定とは言えきちんとしたデータに基づいて査定額を出しますので、査定額はある程度信頼の出来る金額であることも机上査定の特徴です。

机上査定の算出方法

机上査定はデータに基づいて査定を行っていると説明しましたが、実際どのようにして査定額を算出しているのでしょうか。査定額の実際の算出方法を見てみましょう。

  1. 顧客からの査定依頼に基づいて、物件の所在地や築年数、駅からの距離などの基本的な情報を整理します。
  2. 1の情報に基づいて、「近隣の取引事例」や「周辺の公示価格」などのデータを集めます。
  3. 2で集めたデータと、査定する物件の細かい条件などを比較しながら査定額を算出していきます。

査定額を算出する際には、実際に近隣で成約した事例の価格はとても重要な指標になります。このように近隣の取引事例を参考にして評価する方法を、取引事例比較法と言います。机上査定では、主に取引事例比較法を使われることが多いです。

訪問査定とは

続いて、訪問査定について解説していきます。訪問査定は、名前の通り不動産会社が物件を訪問して査定を行う査定方法です。不動産には物件毎に良い点や悪い点があり、物件毎の特徴を正確に把握するためには実際に物件を見ることが必要です。訪問査定では実際に物件を見た情報も加味して査定額を算出しますので、机上査定に比べるとより正確な金額が分かるのが特徴です。

訪問査定の算出方法

続いて法も査定の算出方法について見ていきましょう。訪問査定の算出方法は、机上査定の査定額を基にして実際に物件を見た際の情報を加味して算出する方法が一般的です。例えば実際に物件を見た際に、内装が汚れていれば壁紙を張り替える金額分を減額したり、日当たりや風通しがよければ査定額を上げます。このように物件を実際に見て、査定額を出すのが訪問査定の特徴です。

不動産会社が物件を訪問して査定する際に見るポイントにはたくさんありますが、主には下記のようなポイントをチェックします。

  • 物件の周辺の状況
  • 立地条件
  • 日当たり
  • 物件の間取り
  • 建物の破損や劣化状況
  • 設備や内装の破損、劣化状況

机上査定と訪問査定のメリットの違いを解説

机上査定 訪問査定 違い メリット

机上査定と訪問査定の特徴については理解できたでしょうか。では実際に不動産会社に査定を依頼する場合、どちらの査定を利用するのが良いでしょうか。査定を依頼する際にはそれぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、適切な査定依頼を行うことがポイントです。まずはそれぞれの査定方法のメリットから見ていきましょう。

机上査定のメリット

まずは机上査定のメリットから説明していきます。机上査定の主なメリットには次のようなものがあります。

  • 素早く査定が出来る
  • 不動産会社の比較がしやすい
  • 家族や近所に内緒で査定が出来る

一つずつ見ていきましょう。

素早く査定が出来る

机上査定は通常依頼をしてから1日~数日という短期間で査定額を出してもらえます。また査定を依頼する際にも書類などの準備も不要な場合も多く、とても簡単です。最近では、下記のようにインターネットから査定依頼をすることも可能になっており、お手軽でありながらスピーディーに査定出来ることが机上査定の大きなメリットの一つです。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

不動産会社を比較しやすい

机上査定は簡単に取ることが出来るので、複数の不動産会社を比較することに適しています。複数の不動産会社の査定を比較することで、信頼出来る不動産会社を見つけることが出来ます。上記のようなインターネットから査定を依頼する際には、一括で複数の不動産会社へと査定依頼も可能です。不動産会社を選ぶ際にも、机上査定は役立ちます。

家族や近所に内緒で査定が出来る

机上査定は不動産会社の人が訪問することなく査定が出来るので、売却を近所の方に知られたくない場合にも役立ちます。インターネットや電話だけで完結出来る場合もあるので、家族にも内緒で査定も可能です。まだ売却が正式に決まってない場合など、まず査定額を知りたい時などは机上査定がおすすめです。

訪問査定のメリット

続いて訪問査定のメリットについて紹介します。訪問査定のメリットには、下記のようなメリットがあります。

  • 正確な査定額が分かる
  • 不動産会社のアドバイスが聞ける
  • 不動産会社の顔が見える

一つずつ見ていきましょう。

正確な査定額が分かる

訪問査定の一番のメリットは、机上査定よりも正確な金額が分かることです。不動産会社の担当が実際に物件を目で見て査定をするので、近隣事例の比較やデータだけでなく物件毎の特徴を加味した査定額を知ることが出来ます。訪問査定は、物件毎の実態に則した査定額を知ることが出来るのが特徴です。

不動産会社のアドバイスを聞ける

実際の物件を不動産のプロの目で見てもらうことによって、自分でも気づいていない物件の特性などを知ることが出来るのも訪問査定のメリットの一つです。例えば、水回りの設備を新しいもの変えた方が売れやすいとか。庭の雑草なども綺麗にしておいた方が売れやすいなどの、プロならではのアドバイスを聞くことが出来ます。またこのような不動産会社からのアドバイスなどを聞くことで、その不動産会社の質や力量も図ることが出来ます。

不動産会社の顔が見える

実際に物件を見てもらう際には、必ず立ち合いが必要になります。そのため不動産会社の担当に直接会って、顔を見て話しが出来るのも訪問査定の特徴です。不動産を売却する際には、信頼出来る不動産会社に依頼をすることが重要です。訪問査定を通じて不動産会社の担当と会えることは、メリットの一つです。

机上査定と訪問査定のデメリットの違いを解説

机上査定 訪問査定 違い デメリット

メリットだけでなく、それぞれの査定にがデメリットもあります。どちらの査定を選ぶ場合でも、メリットだけでなくデメリットもきちんと把握して選ぶようにしましょう。

机上査定のデメリット

まずは机上査定のデメリットから見ていきましょう。簡単でお手軽なのが机上査定のメリットでしたが、デメリットには次のようなものがあります。

  • 査定額が変わることがある
  • 不動産会社からの営業攻勢がある

査定額が変わることがある

簡単でスピーディーなのが机上査定のメリットでしたが、物件毎の特性を踏まえた査定額ではありません。そのため物件の状況によっては実際の売買価格は査定額から変わってしまうことがあります。机上査定は取引事例比較法を使った評価をするので、ある程度は信頼出来る価格ですがそれでも完璧ではありません。実際に売却する際には、訪問査定を合わせて行っておくと良いでしょう。

不動産会社からの営業攻勢がある

机上査定は不動産会社の比較を行うのに適していることがメリットと説明をしましたが、複数の不動産会社から査定を取ることで、後々それぞれの不動産会社から営業攻勢を受けてしまう可能性もあります。丁寧な不動産会社であれば問題ないですが、中にはしつこく連絡をしてくる不動産会社もあるかもしれません。取引する予定のない不動産会社に対しては、査定をしてくれた感謝はしっかりと伝えつつも、取引する気のない旨はしっかりと伝えましょう。

訪問査定のデメリット

続いて訪問査定のデメリットについて説明していきます。訪問査定のデメリットについては、大きく次の3点があります。

  • 査定に手間と時間がかかる
  • 不動産会社の比較には向かない
  • 近所の方に査定をしていることが分かってしまう

査定に手間と時間がかかる

訪問査定の一番のデメリットは時間と手間がかかることです。不動産会社の方が訪問する際には、スケジュールを調整して立ち会う必要があります。謄本や間取り図、測量図などの図面も必要になる場合もあるため事前の準備もそれなりに必要になってきます。このように訪問査定は正確な査定額が分かる一方で、手間と時間がかかってしまうことがデメリットと言えます。

不動産会社の比較には向いていない

上記のように訪問査定は時間と手間がどうしてもかかってしまうため、複数の不動産会社を比較するような場合には向いていません。机上査定である程度の不動産会社に絞って、信頼の出来る不動産会社に訪問査定を依頼するような使い方が良いでしょう。

近所の方に査定をしていることが分かってしまう

訪問査定は不動産会社の方が、物件を訪問するためどうしても近所の方に見られてしまう可能性があることがデメリットです。近所の方に売却を検討していることを秘密にしたい場合などは、訪問査定は向いていません。

基本的には机上査定のほうがおすすめ

机上査定 訪問査定 違い おすすめ

ここまで机上査定と訪問査定のそれぞれの特徴とメリット・デメリットについて説明をしてきました。実際に査定をする際にはそれぞれの特徴を踏まえたうえで、適切な査定方法を利用することがポイントです。とは言っても、不動産の売却や査定は、人生にそう何度も経験することではなく、実際に査定を依頼する際にはどちらを使えば良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

迷ったらまずは机上査定

査定で迷った場合には、まずは机上査定を利用することをおすすめします。不動産を売却する際には、信頼出来る不動産会社選びがとても重要になります。そのため、まずは机上査定を利用して出来るだけ多くの不動産会社に依頼をして、たくさんの不動産会社を比較しましょう。その中で信頼の出来そうな不動産会社を絞ったら、その会社に訪問査定を依頼する、という流れがおすすめです。

不動産を売却する際、不動産会社の果たす役割はとても大きいです。今回説明している査定だけでなく、買主を探すための宣伝活動や価格交渉の仲介や、契約の実務や重要事項説明など、不動産会社の役割は多岐にわたります。そのため不動産売却を成功させるためには不動産会社選びがとても重要になりますが、そこで役立つのが不動産査定です。

不動産査定は単に物件の価格や相場を調べるだけでなく、不動産会社を比較するツールとしてもとても役立つものです。机上査定と訪問査定の特徴を理解して、うまく使い分けることが不動産売却を成功させるための第一歩と言えます。机上査定を取る際には下記のような一括査定サイトを利用することで、より効率良く不動産会社選びを行うことが出来ます。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

机上査定と訪問査定の違いまとめ

机上査定 訪問査定 違い まとめ

今回の記事では机上査定と訪問査定の特徴や、メリットについて詳しく解説を来ました。簡単にまとめるとそれぞれの特徴は次の通りです。

机上査定
簡単でスピーディーなのが一番の特徴。その分査定額と実際の売買価格がずれてしまうこともある。複数の不動産会社を比較する際に便利。
訪問査定
不動産会社の立ち合いや書類の提出などが必要になるため時間と手間がかかる一方で、物件毎の特性を加味した正確な査定額が分かる。不動産会社の担当と直接顔を合わせることが出来る。

不動産の売却を成功させるためには、信頼出来る不動産会社を見つけることがとても重要になります。不動産会社を比較する際に、とても有効なツールにもなるのが査定の特徴です。机上査定と訪問査定、それぞれの特徴を活用することで不動産会社を選びを効率良く行うことが出来ます。

そして査定に迷った場合には、まずは机上査定を活用すると良いでしょう。机上査定は下記のような一括査定サイトを利用することで、簡単に複数の不動産会社へと依頼することが可能になります。査定を利用する際には、ぜひ活用すると良いでしょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

はてなブックマーク

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事