【土地の売買】簡易査定と訪問査定額の違いを知っておこう!

査定

土地を売ろうと思った時にまず知っておくべきことは、その土地の価値と周辺地域の相場です。
これを知らない状態で不動産屋に行っても、言われている金額が安いのか高いのかの判断も出来ないですし、交渉もできません。

なお、土地の価値を知る為には「査定」してもらうしかないのですが、その査定の方法にも2種類あります。

今回はその2種類の査定それぞれのメリットとデメリット、どのように使い分けるべきかをまとめました。

簡易査定(机上査定)のメリットとデメリットとは

最初に紹介するのは「簡易査定(机上査定)」です。
簡易査定(机上査定)とは、不動産会社が売却する土地を見ずにこちらから送った情報だけを基に行う査定方法です。

この査定額は、過去の同地域の売却事例や周辺の売り出し価格、市場の動向などを参考に算出されます。最近では店舗に行かなくてもインターネット上で簡易査定(机上査定)を行えるサービスも多数あります。

なお、簡易査定(机上査定)を依頼する際に必要な情報には下記のようなものがあります。

  • 物件種別
  • 所在地
  • 土地の面積
  • 隣接する道路の幅員
  • 売却予定日

では、この簡易査定(机上査定)のメリットとデメリットを見ていきましょう。

簡易査定(机上査定)のメリット

簡易査定(机上査定)のメリットは先方に渡す個人情報が少なくて済むことです。まだまだ売却は先だけど査定額だけ知りたいという場合、過度に営業の連絡が入るのはストレスになりがちです。よって、こちらの個人情報を渡さなくて良かったり、不要な勧誘があった際に断りやすいことが簡易査定(机上査定)のメリットの1つです。

また、査定時に立ち会いをする必要がありませんので、時間がないという人にとってはこの点も大きなメリットと言えるでしょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

次にデメリットを見ていきましょう。

簡易査定(机上査定)のデメリット

簡易査定(机上査定)のデメリットは、物件個別の事情が反映されないことです。例えば周辺環境・日当たり・周辺住民がどんな人なのか等です。

よって実際の売り出し価格よりも高めに査定価格が出てくることもあります。ですので、実際に物件を売り出す際は訪問査定をしてもらった上で契約を行うようにしましょう。

次に「訪問査定」を紹介します。

訪問査定のメリットとデメリットとは

訪問査定とは、実際の物件を見て査定額を算出する査定方法です。これは簡易査定(机上査定)よりも正確な査定方法と言えます。

この査定方法では立地条件(駅近かどうか、周辺環境はどうか等)・日当たり、道路環境などを詳細に確認した上で行います。なお、場合によっては「役所調査」で書類をチェックする場合もありますので、査定完了まで時間がかかる可能性があります。

なお、訪問査定で準備しておくと良い書類は以下のものです。

  • 権利証
  • 登記簿謄本
  • 公図(土地の境界や建物の位置を確定するための地図)
  • 地積測量図

では、この訪問査定のメリットとデメリットを見ていきましょう。

訪問査定のメリット

訪問査定のメリットは、簡易査定(机上査定)よりもその物件の実態に近い査定額を出してもらえることです。

これによって実際の売り出し価格をいくらにするかを検討することが出来ますので、どの不動産会社と契約するかを決めることが出来ます。

訪問査定のデメリット

訪問査定のデメリットは、査定を行う営業の人が訪問することが前提となります。これによって、査定を行うための時間をとる必要があることです。

また、訪問査定の際には周辺環境の確認が入ります。これによって、物件の近隣の方に土地の売却を検討していることが知られる可能性があります。

どうしても近隣の方に知られたくない場合は、訪問査定の前にその旨を伝えるようにしましょう。

以上、簡易査定(机上査定)と訪問査定のメリットとデメリットを紹介させていただきました。それぞれ査定方法の特徴がありますが、次はどのように使いこなすのが一番得なのかをご紹介します。

それぞれの査定方法を上手く使いこなすには

簡易査定(机上査定)と訪問査定ですが、基本的には簡易査定(机上査定)を行った上で数社に絞り訪問査定をしてもらうのがセオリーです。

簡易査定(机上査定)でおおよその物件売却相場を確認し、あまりに査定額が高すぎる企業や低すぎる企業は外すようにしましょう。

その後実際に売却を検討する時期になったら、先程の簡易査定(机上査定)で残った企業に対して訪問査定を依頼し、実際にいくらで売り出すのかを決めるようにしましょう。

簡易査定(机上査定)は5社から6社取った上で、訪問査定を依頼する企業を4社程度絞り込むのがおすすめです。

なお訪問査定で不動産会社の営業の人が来た際には、自分の地域での売却事情やどのような戦略で土地を販売していくかを確認するようにしましょう。

逆に、マイナスポイントがある場合は隠さずに伝えるようにしましょう。そうしないと、売却後に買主側から瑕疵を指摘され、売却額の一部を返金しないといけない自体になる可能性もあります。

そうならないために、自分が持っている情報は隠さずに伝えるようにしましょう。

まとめ

以上、簡易査定(机上査定)と訪問査定の違いと、上手く使いこなすためのコツをご紹介させていただきました。

  • 簡易査定(机上査定)のメリットは先方に渡す個人情報が少なくて済むこと
  • 簡易査定(机上査定)のデメリットは、物件個別の事情が反映されないこと
  • 訪問査定のメリットは、その物件の実態に近い査定額を出してもらえること
  • 訪問査定のデメリットは、査定を行うための時間をとる必要があること
  • 簡易査定を6社程度行った上で、訪問査定を行う企業を絞り込みましょう
  • 物件にマイナスポイントがある場合は隠さずに伝えましょう

土地の売却をする際に、依頼する不動産会社を見誤ってしまうと売れる物件も売れなくなってしまいます。

よって簡易査定(机上査定)と訪問査定を上手く使った上で最適な不動産会社を選び、その不動産会社と信頼関係を構築しながら販売戦略を決めていくようにしましょう。

はてなブックマーク

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

この記事と同じカテゴリーの記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定