業界トップクラスのプラン数から、
最大6社のマンション・不動産査定書を即日お取り寄せ!

不動産売却査定(マンション・戸建て)

損をしない!最大6社の査定価格が即日分かる「不動産売却・査定」のポータルサイト。
今、マンションを売却したらいくらで売れるの?まずは査定してみよう。

現在の最高売却額が分かります!無料の60秒診断を試して下さい!

マンション一括査定に対応している会社

不動産査定で得をする!

マンションの査定|高値で売却するコツは3つ!

平面図

気に入って購入した住まいでも、家族の転職や進学などによってライフスタイルが変化し、住まなくなってしまうこともありますよね。不動産は大切な資産のひとつでもあるので、せっかくなら少しでも高く売却したいたいものです。

特にマンションを高値で売却するためには、3つのコツがあることをご存じでしょうか? 知っているのと知らないのとでは結果が大きく違ってくる、マンション売却のコツをご紹介していきます。

マンションの売却方法

中古マンションを売却する方法は、大きく分けて2つあります。自分が住むための住宅を探している一般の人に売る「仲介売却」と、不動産会社に売る「不動産買取」です。

「少しでも早く売りたい」という人には、業者に直接所有権を移転する「不動産買取」がおススメです。早い場合は数日で現金化でき、査定通りの金額が手もとに入るので、資金計画も立てやすいというメリットがあります。

しかし「できるだけ高く売りたい!」という人は、「仲介売却」を選びましょう。業者は安価で買い取った物件に内装工事を施し、別の利用者に転売します。その中間マージンが省けるので、比較的高く売れやすいのです。

仲介売却では不動産業者と「媒介契約」を締結し、購入希望者を探してもらいます。購入希望者との売買契約に至った場合は、業者にお礼として仲介手数料を支払います。

マンション査定3つのコツ

ご紹介したようにマンション売却には2つの方法があります。こちらでは仲介売却において、高値で売却する3つのコツをご紹介していきます。

コツ1 複数の不動産業者の査定を比較する!

マンションを仲介売却で売る場合には、パートナーとなる不動産業者の選び方が成功のカギを握っています。手近な知り合いの業者やテレビCMで目にする有名企業を安易に選ぶのではなく、必ず複数の業者に査定依頼を出し、内容を比較して決めましょう。

マンションの査定価格は、不動産業者によって大きく差があります。複数の査定を見比べ、相場を把握することが大切。査定価格が相場より極端に高い業者や低い業者は、避けたほうが無難です。

実際の売り出し価格業者と相談して売主が決めるので、「査定価格=売却価格」ではありません。売り出し価格から値引き交渉を受けることもよくあります。査定価格が高いとうれしく感じるかもしれませんが、売主の機嫌を取って仲介依頼を取り付けることを目的にしている業者も。その場合、後から多額の値引きが必要になるかもしれません。

また、査定価格が低い業者は「多少安めでも早く売却して数をさばきたい」という方針です。どちらにしても、相場から極端に外れた査定を提示する業者は問題があるのです。

査定依頼を出す際は、「イエイ」「イエウール」「Re Guide」といった「不動産一括査定サイト」を利用することをおススメします。物件のタイプや所在地などの情報を入力し、該当エリアの不動産業者を複数選択して査定依頼できるので、自分で業者を調べて一社ごとに査定依頼を出す手間がかかりません。このサイトを利用している時点で、査定を比較していることが業者に伝わるため、相場から外れた査定に対するけん制の効果も期待できます。

これらのサイトは不動産業者からの広告料で成り立っているので、利用料は無料です。大いに活用し、信頼できる業者選びに役立てましょう。

コツ2 できるだけ早く売る!

マンションの売却価格と築年数には、密接な関係があります。築年数が浅いほど査定価格が高くなりやすいので、売ると決めたらできるだけ早く動きましょう。

築10年と築11年では、ほとんど資産価値に変わりはないように思うかもしれません。しかしマンションの購入希望者はインターネット上で物件情報を検索する際、物件の築年数でフィルターをかけます。多くのサイトで築年数は、「新築」「築3年以内」「築5年以内」「築7年以内」「築10年以内」などから選択する方式になっています。

築年数が進むと、検索で購入希望者の目に留まる機会自体が減っていくのです。購入希望者が少なければ競争が起こりにくいので、売却価格も低くなっていきます。

コツ3 内覧の事前準備はしっかりと!

マンションの購入を検討する人が実際に購入を決意するのは、内覧のあとです。内覧の事前準備は、売却価格に大きく影響します。

室内は水回りを中心に、全体をきれいに清掃しておきましょう。水洗金具やドアノブなどの光る金属部分を磨いておくと、清潔感が出ます。ベランダやリビングも必ずチェックされる部分なので、すみのホコリなどもきれいに掃除しておきます。

当日はカーテンを全開にして照明をつけ、部屋を明るくしておきます。自分では気づかない臭いがついていることも多いので、数時間前から換気をして風通しを良くしておきましょう。

家具も含めて、不用なものはできるだけ処分して整理整頓してください。空室に比べると居住中の部屋はどうしても狭く見えます。そのうえ床にものがあると、余計に狭く見える原因に。床のものはすべて片づけ、場合によっては短期的にトランクルームを使用するなどの方法も検討します。

住みながら売却活動を進める人が陥りがちな失敗が、生活感を出しすぎてしまうこと。自宅だとあまり気にならないかもしれませんが、置物や飾りなどの統一感がないと生活感が出る原因となります。子どものおもちゃも生活感の原因となるので、しまっておきましょう。

売却物件の印象をアップする際、参考になるのがモデルルームです。近年、中古物件でもモデルルームのようなコーディネートをしてもらえる「ホームステージング」というサービスが、日本にも登場しました。生活感を消す方法として、それらを取り入れるとよいでしょう。

まとめ

マンションを高値で売却するための3つのコツをご紹介しましたが、いかがでしたか? マンションは、高額のお金を出して手に入れた大切な資産です。そのマンションを少しでも高く売却できれば、より豊かな生活につながるはず。ちょっとした工夫で売却価格が違ってくるので、これらのポイントを意識して取り入れてみてください。

マンションを高く売るためには、立地条件も大切。将来の選択肢を増やすためにも、住まいの立地選びには細心の注意を払いましょう。

最高売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定

最高売却額がわかる!カンタン60秒査定