不動産売却市場は急拡大中!ネットオークションで不動産を売る!

ネットオークション

注目されるネットオークションで不動産を売る

不動産を売る方法として近年注目を集め、市場を拡大しているのがネットオークションです。ネットオークションとは、インターネット上で物件を出品し、期間内に購入希望者が競争入札で物件を競り落とす形式になります。短期間で広く告知が可能で、契約までもスピーディに行える上、意外に高く売れることもあることから、この方式で不動産を売るケースが増えています。

不動産売却オークションは昔から行われていた?

「オークション(Auction)」は直訳すれば「競売」です。競売は動産や不動産を処分する方法として昔から行われてきました。業界では「競売」と書いて「けいばい」と読み、債権者が債務者からお金を回収する方法として、動産や不動産を資産を差し押さえて売り飛ばすモノです。この時債権者は購入希望者に対して競り売りで資産の値段を決めます。

不動産の場合ですと、ローンを支払えなくなった債務者が債権者に不動産を強制的に差し押さえられて、競売にかけられるというパターンです。不動産がこの競売にかけられてしまうと、購入希望者は大抵が不動産業者で、相場よりかなり低い金額で競り落とされてしまいます。

競売は一般人でも入札に参加できますが、その手続きは複雑で少なくても元業界関係者か、それに相当する知識を持った人でなければ、落札はかなり難しいでしょう。そして業界のプロばかりが参加する競売は、入札の裏談合が行われているという噂もあり、透明性のなさが問題視されていました。

また近年は債権回収の方法として、競売にかけられてしまう前に債務者が自ら財産を売る任意整理(または任意売却)という方法がとられるようになりました。

競売にかけられるより早く不動産を売る方法とは?

不動産が債権者によって強制的に競売にかけられる

強制競売

は「民事執行法」という法律によって粛々と進められます。期限まで債務を返済しないと債権者によって、不動産は競売にかけられてしまうわけです。そうした事態を避けるのに、債務者自らが不動産を処分するのが任意整理で、上手く不動産が売却できれば、強制競売よりは高い金額を得ることができる可能性が出てきます。

そんなわけで、債務者は少しでも早く不動産を自分の手で不動産を処分できる方法として注目されるのようになってきたのがネットオークションです。

不動産をインターネットオークションで売るメリットとデメリット

不動産をインターネットオークションに出品して売却する方法は、まだ新しいシステムです。しかし不動産専門のオークションサイトは確実に増えており、利用者も増加しています。出品者の立場から見たネットオークションのメリットとデメリットは何でしょうか?

ネットオークションのメリットは宣伝力とスピード

ネットオークションそのものも、インターネットが普及し始めた頃からありました。しかし出品するモノとして不動産が扱われ始めたのは1990年末期で、利用が盛んになってきたのは比較的最近の話です。そんなインターネットで不動産を売るメリットは、

  • 宣伝効果が絶大
  • 短期間で買い手が決まる
  • 入札が公正に行われ、相場以上で売れることもある

という点でしょう。

インターネットの情報は、日本国内だけでなく世界中に配信されます。日本語のサイトは日本人しか見ないので、世界中に配信してもあまり意味はないと思う方もいるかもしれません。しかし海外在住で日本国内の不動産に興味がある人も少なくないわけです。そして日本全国にいる不動産購入希望者に一瞬のうちに売却したい不動産の情報が行き渡ります。この宣伝効果は、従来の方法で買い手を探すのに比べ絶大だと言えるでしょう。

またオークション形式ですから、入札までの期限が決められています。他の販売方法のようにチラシなどで宣伝し、買い手が現れるのを待っているといった“客待ち時間”というモノがありません。オークションの入札期限が終われば入札者の中から、即落札者が決まるわけです。そうした即決性は早く不動産を売却したい人にとっては大きなメリットでしょう。

そして昔ながらの競売とは違い、ネットオークションは入札状況がリアルタイムで表示されます。また入札希望者は競売会場に訪れた人だけではなく、入札資格を持った不特定多数の人が世界中から入札してくるので、事前談合など絶対に出来ません。そういう意味でネットオークションは極めて透明性の高い公正なモノだといえます。

ですから物件の購入希望者が多い場合、入札額が競り上がって相場以上の金額で落札されることもあるわけです。ただリアルなネットオークションで、相場を大きく越える金額で落札されるようなことは滅多にありません。少なくても不当に安く落札されることが少ないといった程度に考えた方がいいかもしれません。

ネットオークションで不動産を売るデメリットは?

絶大な宣伝効果と即決性がネットオークションの強みですが、もちろんデメリットもあります。不動産売却におけるネットオークションのデメリットは、

  • 落札者とトラブルになる可能性がある
  • 落札者がいないとオークションは成立しない

という点です。

インターネットによるオークションは、物件を世界規模で告知できます。逆に言えば情報が世界中に拡散してしまうため、わけのわからん連中もオークションに参加してくる可能性があるということです。不動産に限らずオークションサイトで入札するには、年齢やサイトに会員登録するなど、様々な条件をクリアしなければなりません。

しかしどのサイトでも入札資格が厳しいかといえばそうでもなく、落札した場合、その相手が確実に契約できるとは限らないわけです。もともとネットでの繋がりなど希薄なものですから、落札後に物件の状態などでトラブルに発展する可能性が、他の売却方法に比べて高いというリスクがあります。

オークション期間中に落札者が一人もいないというケースも十分にあり得るデメリットです。落札者がいない場合、オークションは“不調”ということで、そのまま終了します。もちろん売却希望者は再度出展することも可能です。しかしそうなるとまた1からオークションが始まるわけですので、ネットオークションにおける短期間で即決できるというメリットが損なわれます。

また再出展する場合、最低落札額を下げるなど確実に落札者が現れるように工夫する必要もあるわけで、そうなると思っていたほど高値では売れないわけです。不動産売却をネットオークションで行う場合、メリットとデメリットは表裏一体の典型だといえます。宣伝効果が大きいという事は、好まざる相手も引き寄せる結果になるという事ですし、予想の高値で落札される可能性があるという事は、同時に希望額以下でしか買い手がつかない場合もあるということです。

どんな不動産がネットオークションで売るのに向いているか?

不動産売却には色々な方法がありますが、ネットオークションを利用した方が向いている物件とは何でしょうか?それは不動産を売却する動機に関わってきます。

ネットオークションに向いている不動産物件①:買い手がつきそうもない場合

インターネットオークションにおける最大の強みは、その宣伝力です。ネットの情報は世界中に配信されますので、日本語が理解できる人であれば、日本国内に住んでいない人でも物件情報は知らされます。沢山の人に情報が配信されるということは、多くの人が関心を示さないような物件にも興味を持つ人が現れる可能性があるということです。

具体的には交通の便が悪い、田舎の古民家のような物件になります。遺産相続などでそうした不動産を持っており、その家に住む気はなくて処分したいと考えた場合、個人で買い手を探したり仲介業者に委託しても、普通はなかなか買い手は見つかりません。不動産業者に直接買取をしてもらえば、手っ取り早く売れるかもしれませんが、売りにくい物件は相場より安く買い叩かれるのは目に見えています。

したがって売り急ぐ気がないのであれば、インターネットオークションで買い手が見つかるまで何度でも出展するわけです。宣伝力の大きいインターネットオークションなら、そのうち田舎暮らしに憧れる買い手などが現れ、予想外の高値とまでは言いませんが、相場に見合った価格で入札してくれるでしょう。

ネットオークションに向いている不動産物件②:とにかく早く売りたい場合

ネットオークションのもうひとつの強みは即決性です。他の販売方法は不動産の売却を決めてから宣伝して、買い手が見つかり交渉の末、契約に至るまでの期間がハッキリしません。買い手がすぐに現れたとしても、その後もっといい条件で契約できそうな買い手が現れる可能性あるわけです。

特に色んな事情で不動産の売却を急いでいる人にとって、より多くの人に周知して、なおかつ素早く入札希望者の中から最高額を入れた相手と交渉できるインターネットオークションは、最適だといえます。決められた時間の中で、より好条件で不動産を売却できるシステムだといえるでしょう。

まとめ~オークションのメリットとデメリットを知って不動産を売る~

インターネットオークションを利用した不動産売却は、まだ新しいシステムですが、この方法は今後も拡大していきます。それは従来の方法に比べて宣伝の効果や即決性が極めて高いからです。ただ不動産売却がすべてインターネットオークションになってしまうかと言えばそうではありません。そのメリットとデメリットを考えて、自分に適した方法を検討しましょう。

また直接不動産業者に買取をしてもらう場合を除き、インターネットオークションに出展しつつ、他の方法で買い手を探すという併用もアリです。不動産仲介を仲介業者に委託した場合、業者の担当者からインターネットオークションへの出展を薦められるケースもあります。

とにかく不動産を早く売却してしまいたいというケースや、普通に買い手を探しても、そう簡単には見つからないような難しい物件を売却したい場合は、インターネットオークションを利用する価値が十分にあると言えます。

はてなブックマーク

マンション売却額がわかる!
カンタン60秒査定

全国1000社以上の優良業者を徹底比較、最大6社の査定書を即日お取り寄せ!

この記事に関連する記事

あなたの不動産今売ったらいくら?かんたん60秒査定
マンション売却額がわかる!カンタン60秒査定